【あさイチ】ぐっすりストレッチを紹介!スッキリ寝起き対策!

スポンサーリンク

2019年9月11日放送のあさイチでスッキリ寝起き対策としてぐっすりストレッチについて紹介されました。
教えてくれたのは医師の白濱龍太郎先生です。

「朝、スッキリと起きられない」
「夜中に目が覚めて、もう一度なかなか寝付けない」
眠りの悩みを持つ人は多いですよね。
そんなとき、どうしたらよいのか睡眠の専門家の先生に教えてもらいました!

ぐっすりストレッチについて教えてくれたのは、医師の白濱龍太郎先生です。

寝起きが悪くなる原因

睡眠と疲労の関係に詳しい医師の梶本修身先生によると…
目覚ましの音が大きすぎることが考えられます。
寝ているときに急に大きな音が鳴ると、脳が驚き交感神経が急激に興奮状態になりますが、体は反応しきれません。
そのためにスッキリと起きられないのです。
スッキリ起きるためにオススメなのは、光で起きる方法です。
多くの動物と同じく、人間にも日の出とともに目を覚ます習性があります。
徐々に強い光を当てて起こしてくれる目覚ましや朝自動でカーテンを開けてくれる機械なども登場しています。

スッキリ寝起きのための寝る前のオススメ習慣とは?

夜、眠る1時間半前にお風呂に入る
睡眠と呼吸の関係に詳しい医師白濱龍太郎先生によると、39~40℃のお風呂に10~15分くらい入ると、体の内部「深部体温」が上昇します。
そして、お風呂から上がり体温が下がるときに眠気がおきます。
それまでに約1時間半かかるのです。

てれ美
てれ美
でも、毎日寝る1時間半前にお風呂に入るって結構大変…
そんなときに、簡単なストレッチをして深部体温を上げるといいんですって!

ぐっすりストレッチのやり方

シャワーを浴びながらのストレッチ
1、寝る1時間半前にやるのが効果的です。
シャワーを固定し、うなじの辺りに41℃くらいのすこし熱めのお湯をあてます。
2、両手の指を組んでうなじの後に持っていき、親指を立ててお湯があたっている部分を優しく上下に押します。

入浴後や寝る前にやるとよいストレッチ

1、腕を曲げて脇を開き、ひじを上げます。
2、肩甲骨を寄せるイメージで肩を後ろに回します。
3、指を組み、手のひらを前に出すように腕を伸ばします。
そのまま上にグッと伸ばし、2秒キープします。
4、最初のひじを上げた体勢に戻ります。
以上1セットをゆっくりと、1分間に5~6回行ってください。

てれ美
てれ美
どちらのストレッチも、ゆっくり優しくね!
やり過ぎは禁物よ。
めまいや立ちくらみがしたら無理せずにストップしてね!

夜中に目覚めても再び眠りにつく方法とは?

年を重ねるにつれ、睡眠ホルモンであるメラトニンの働きは低下していきます。
そのため、夜中に目覚めてしまい寝付けなくなるという悩みを持つ大人は多いといいます。
そのようなときに、再び眠りにつくポイントを白濱先生が教えてくれました。

1、ゆっくり鼻から吸って口から吐くことを意識して深呼吸します。⇒ゆったりした深呼吸でリラックスします。
2、足首を約1分間、曲げたり伸ばしたりします。⇒足先から深部体温を逃がすことで、眠気がよみがえる効果があります。

てれ美
てれ美
興味のない写真集を見るのも効果的なんですって!
ちょっと不思議~
興味のあるものに夢中になって眠れなくなるのを防ぐためみたい。

まとめ

寝る前のスマホやパソコンは欠かせなくなっているので悩ましいですね^^;
でも、簡単なストレッチや呼吸はすぐできそうです。
睡眠は大切だから、もっと意識しなくちゃだめですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。