【あさイチ】災害時のレシピを紹介!そうめんスープと米の炊き方も!

スポンサーリンク

2019年8月27日放送のあさイチで災害時の食事として、そうめんスープについて紹介されました。
そうめんスープを教えてくれたのは料理研究家の坂本佳奈先生です。

そうめんスープのレシピ

そうめんスープの材料:2人分

・そうめん:2束(100g)
・ひき肉:100g
・玉ねぎ:100g
・にんじん:70g
・トマト:1個
☆野菜は冷蔵庫の残り物でOKです。
・青ネギ:適量
・水:1.2リットル
・塩:お好みで
・黒こしょう(粗びき):お好みで

そうめんスープの作り方

1)野菜を細かく刻みます。
煮る時間を短くするために、小さく切るのがポイントです。
2)鍋に水と具材を入れて沸騰させ、中火で5分煮ます。
3)野菜に火が通ったら、そうめんを半分に折って入れます。
そうめんのゆで時間は、乾麺のうどんの5分の1です。
すぐに火が通るので、カセットボンベの節約にもなります。
4)そうめんには塩分が含まれているので、味付けは塩、こしょうで整える程度で大丈夫です。

災害時の米の炊き方

災害時には、米をポリ袋に入れてゆでて炊きます。
ただし、一般的なポリ袋では溶ける可能性があるので使わずに、必ず耐熱温度の高い高密度ポリエチレン袋を使ってください!
その時に、しっかりと袋の空気を抜きましょう。
袋に空気が入っていると、ゆでるときに浮いてしまい、米にしっかりと火が通りません。

1)高密度ポリエチレン袋に米を1合ずつ入れ、水を120ml入れます。
普通に米を炊く3分の1の水でOKです。
2)袋を水にしずめてしっかりと空気を抜き、袋をしぼるようにして口をしばります。
3)口をしばったら10分間おいて、米に水を吸わせます。
4)水の入った鍋の底に皿を置きます。
皿が高温になった鍋底から袋を守ってくれます。
水の量は、袋がかぶるくらい入れてください。
5)鍋にふたをして強火で加熱します。
沸騰したら弱火にして、さらに20分加熱します。
6)火を止めて10分蒸らします。

少しかためですが、十分お米の香りとおいしさが味わえます!
お米をゆでるときに、おかずも一緒にゆでれば効率的です。

まとめ

あまり考えたくないことですが、災害時の食事のことは大事なことです。
震災を経験した坂本先生の工夫がたくさんのレシピは、必ず覚えておきたいです。
普段から時々作ってみて、慣れておくのも大切かなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。