あさイチで特製ラー油のよだれ鶏のレシピを紹介!

スポンサーリンク

2019年9月10日放送のあさイチで特製ラー油のよだれ鶏について紹介されました。
特製ラー油のよだれ鶏を教えてくれたのは中国料理シェフの山野辺仁先生です。

3種類のたれを贅沢に使ったよだれ鶏です!

特製ラー油のよだれ鶏のレシピ

特製ラー油のよだれ鶏の材料

・鶏もも肉:1枚
・塩:小さじ½
・湯:1500ml
・塩:大さじ1
《特製ラー油》
・サラダ油:100g
・八角:1個
・ローリエ:1枚
・ホワジャオ:10粒
・にんにく:1かけ
・韓国産粉とうがらし:50g
《甜醤油》
・酒・しょうゆ:各100ml
・砂糖:100g
・ねぎ(青い部分):1本分
・しょうが・にんにく:各1かけ
・八角:½ 個
・ホワジャオ:10粒
・陳皮・シナモン:各適量
《黒酢たれ》
・黒酢:大さじ3
・しょうゆ:小さじ2
・にんにく:小さじ½
・水:60ml
《付け合わせ》
・ナス:1個
・ねぎ:½ 本
・白ごま:小さじ1
・ピーナツ:5粒
・きゅうり:⅓ 本

特製ラー油のよだれ鶏の作り方

1)鶏もも肉は脂や軟骨を取り、塩をふって10分おきます。
身の方にしっかり塩をつけます。
2)鍋に湯を沸かし、塩を入れます。
火を止めて皮を下にして鶏肉を入れます。
ふたをして15分おき、上下を返してさらに15分おきます。

てれ美
てれ美
余熱で鶏肉にゆっくり火を通すことで、やわらかく仕上げることができるんですって!

3)ペーパータオルで水気を取り、食べやすい大きさに切ります。
4)特製ラー油を作ります。
熱したサラダ油に八角・ローリエ・ホワジャオ・叩いたにんにくを入れ、中火にかけます。
にんにくがきつね色になるまで4分ほど加熱したら、粉とうがらしを入れて半日おきます。
弱く加熱して油がやわらかくなったらザルでこします。

てれ美
てれ美
出来たラー油は常温で3週間ほど保存できます!
香りが飛びやすいので、冷蔵庫には入れないでね!

5)甜醤油を作ります。
鍋に酒・しょうゆ・砂糖を入れて火にかけます。
ねぎ(青い部分)・しょうが・にんにく・八角・ホワジャオ・陳皮・シナモンを加えて一煮立ちさせ、弱火で15分ほど煮詰めてザルでこします。
6)黒酢たれを作ります。
ボウルに黒酢・水・すりおろしたにんにく・水を入れて混ぜ、特製ラー油を加えます。

てれ美
てれ美
甜醤油は1ヶ月、黒酢たれは1週間ほど冷蔵庫で保存できます!

7)器に鶏肉と付け合わせのナスを盛り付けて、特製ラー油・甜醤油・黒酢たれをたっぷりかけます。
薬味の白ごま・刻んだピーナツ・ねぎのみじん切りを乗せ、切ったきゅうりを飾ります。

まとめ

しっとりとし鶏肉に、濃厚な手作りたれがたっぷりかかっておいしそうです!
中華のたれって難しそうだけれど、家でも作れるんですね!
ラー油を作るときは、近くで息を吸うとむせて大変なことになりそうですね^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。