細くて弱い髪の毛をなんとかしたい!

スポンサーリンク

暑い季節になると、顔回りに髪の毛があると一層暑く感じてしまうものです。

そんな時は、髪の毛をカッコよく縛ったりオシャレにまとめたりしてスッキリさせたいですよね!

でも、そうしたくてもできない人っているんです。

それは髪が細すぎる人。

私もそうなんですが、髪を一つに縛るとボールペン1本分くらいの太さにしかならないんです、いやホントに^^;

で、かなり肩より長く伸ばしてお団子ヘアにしてみても、恐ろしくペチャンコでまあるくなんて絶対になりません!

また、細いと乾燥しやすくて、朝めちゃくちゃ頑張ってスタイリングしても、気が付くと扇を逆さにしたような形に広がっています涙

そんな細い髪、いわゆる猫っ毛を掘り下げたいと思います!

髪の毛が細い理由

生まれつき髪の毛が細い

生まれつき髪の毛が細い人の大多数は、遺伝による体質が原因です。

髪の毛の内部はコルテックスという組織でできていて、そのコルテックスが多いと太い髪の毛、少ないと細い髪の毛になります。

髪質は、年齢とともには変化するので、加齢によりさらに細くなってしまう可能性があります。

気になる人は、早めに対策を取ることが大事ですね。

私も、細い髪を守るためにアウトバストリートメントをつけるなど、必ずお風呂上がりにヘアケアをします。

そのせいか、行きつけの美容師さんには「年齢の割にはしっかりした髪の毛だよね」と褒められます。(ちょっと複雑…)

後天的に細くなってしまった

以前は太くてしっかりした髪の毛だったのに、だんだん細くなってきたという人は、頭皮によくない生活習慣を送っているのかもしれません。

年齢を重ねると、髪の成長に欠かせない女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減ってしまいます。

また、血管も年を取り硬く細くなるので、髪を作る毛母細胞に栄養が行き届かなくなります。

さらに、ストレスも大きな要因になります。

ストレスを抱えると、ホルモンバランスや新陳代謝が乱れ、血行不良になり髪の毛に栄養が届かなくなってしまうのです。

私も、仕事上の悩みを抱えて時には、頭皮がずいぶん硬くなっていました。

ストレスでかなり血行が悪くなっていたんだと思います。

髪の毛を強くするには

髪の毛によい成分を摂取する

体質や加齢により髪の毛が細くなってしまっても、髪の毛によい成分を意識して体に取り入れることによって改善が期待できます。

主に、亜鉛・コラーゲン・ビオチン・エクオール・ミレットエキスなどがあげられます。

頭皮マッサージをする

頭頂部の血管は細く、頭皮は凝りやすいので血流が悪くなりがちです。

定期的な頭皮マッサージをして、頭皮の柔らかさを取り戻しましょう。

皮脂に近い成分のオイルを使ってマッサージすることで、毛穴の汚れを浮かせ、皮脂の取り過ぎや頭皮の感想を防ぐことができます。

週に1回でも、オイルを使ってゆっくりと頭皮をマッサージすることをオススメします。

私の場合

私も髪の毛の量は人並みなのですが(行きつけの美容師さんに言われました)、髪の毛がずいぶん細く、枝毛や切れ毛になりやすいタイプです。

髪の毛が細いせいで乾燥しやすく、雨の日には湿気を吸って爆弾ヘアになるのがお決まりでした^^;

美容師さんに相談したり、自分でいろいろ調べたりしたところ、お風呂上がりの髪の毛の乾かし方が十分ではないことが原因ではないかと思いました。

そういえば、タオルで水気も十分に取らず、ドライヤーは細い髪にはよくないと思い込み、しっかりと乾かしていなかったのです。

なんと濡れた髪の毛をそのままにしておくと、キューティクルが傷んでしまい、二度と戻らないというのです。ショック!

早速、あれこれ改善してみました。

まず、シャンプー時にゴシゴシと髪の毛をこするのは良くないということで、そこから気を付けました。頭皮マッサージも忘れすに。

そして最低3分かけてシャンプーを洗い流します。

お風呂上がりにはしっかりタオルドライ、その後、すぐに洗い流さないトリートメントもつけドライヤーを使ってプロ―します。

髪の根元、中間から毛先としっかりブラシを使って伸ばしながら乾かします。

この辺は、美容院へ行くたびに美容師さんのブローの仕方をじーっと見て、いろいろ真似するところから始めました。

プロほどうまくはできないけれど、以前の自分に比べたらかなり良くなったと思います^^

と、こんな風にいろいろ意識してしっかり髪の毛を乾かすようになると、かなり次の日のうねうね具合が改善されてきました!

何年もの悩みが、やっと解消されつつあります涙

本当は、もう少ししっかりした髪質になって、お団子ヘアとかやってみたいんですけどねえ。

仕方ないかな^^;

今まで、ずいぶん自分の髪質を恨んできたけど、自分の無知も拍車をかけてしまっていたんだなと思うと反省です。

これからも髪の毛だけじゃなく、自分の全部を大切にしたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。