【男子ごはん】鶏のゆずしょうがみぞれ鍋のレシピ!シメのリゾット風バターごはんも

スポンサーリンク

2019年11月3日放送の男子ごはんで鶏のゆずしょうがみぞれ鍋について紹介されました。
鶏のゆずしょうがみぞれ鍋を教えてくれたのは料理研究家の栗原心平先生です。

鶏のゆずしょうがみぞれ鍋のレシピ

たっぷりのしょうがとゆず丸ごと1個が入った、さっぱりしながらも後ひく辛さがクセになる新しい鍋です。
シメのリゾット風バターごはんのレシピもあります!

鶏のゆずしょうがみぞれ鍋の材料:2~4人分

《鶏つくね》
・鶏ももひき肉:250g
・長ねぎ:30g
・青唐辛子:2本
・卵:1個
・薄力粉:大さじ1
・塩:小さじ½

・鶏むね肉:1枚(300g)
・大根:¼ 本
・しいたけ:6個
・水菜:½ 束
・ゆず:1個
・酒:大さじ2
・みりん:大さじ1
・しょうが:50g
・塩:大さじ½
・かつお節:20~30g
・水:800cc

鶏のゆずしょうがみぞれ鍋の作り方

1)水を沸かしてかつお節を加え、2~3分ほど弱火で煮だします。
火を止めて、かつお節が沈むまで冷まします。
2)長ねぎはみじん切り、大根はおろしがねですりおろします。
3)青唐辛子はみじん切りにします。
4)だしが冷めたらかつお節をザルでこして、だしがらをギュッと絞ります。
5)土鍋にかつおだしを入れて、火にかけます。
6)ボウルに長ねぎ・青唐辛子・鶏ももひき肉を入れて、薄力粉・塩・卵を加えてよく混ぜます。
7)しいたけ厚さ5㎜の縦切りにして、水菜は5㎝の長さに切ります。
8)鶏むね肉を薄めのそぎ切りにして、皿に並べます。
9)ゆずの黄色い皮の部分を薄くむいて取っておきます。

てれ美
てれ美
白いわたの部分は苦いので、黄色い部分だけむくようにしましょう!

10)皮をむいたゆずを輪切りにして、種を取り除きます。
11)土鍋のだしに、鶏つくねをスプーンで一口大にまとめながら入れます。
12)酒・みりんを加えて、弱めの中火で5~6分煮ます。
アクが出たら取ります。
13)しいたけを入れて、塩を加えます。
14)しょうがを入れ、ゆずの果汁を搾りながら加えます。
15)ゆずの皮を千切りにします。
16)大根おろしを軽く絞り、鍋に加えます。
17)水菜をのせて、ゆずの皮を散らします。
18)鶏むね肉をしゃぶしゃぶしながら食べます。

《シメのリゾット風バターごはん》
1)ボウルで温かいごはん250g、バター10gを混ぜます。
2)鍋にバターごはんを入れて、ひと煮します。
3)鍋肌が見えるくらい水気がなくなったら完成です!

まとめ

鶏むねとゆず、しょうがといえば女子が大好きな組み合わせですね。
男子ごはんでありながら、女子の心をもつかむ料理ですね^^
最後のシメもすごくおいしそうで、ずーっと食べ続けてしまう危険な料理ですね。
これからの時期、パーティや女子会などにもぴったりのメニューだと思います。

☆この料理との組み合わせがバツグンです!
【男子ごはん】長芋ポン酢やっこの作り方を紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。