【男子ごはん】和風カキフライの作り方を紹介!冬の和定食レシピ!

スポンサーリンク

2019年12月15日放送の男子ごはんで和風カキフライについて紹介されました。
和風カキフライを教えてくれたのは料理研究家の栗原心平先生です。

和風カキフライのレシピ

冬のごちそうカキフライを和風タルタルソースでいただくレシピです。
生パン粉を使い、外はサクサク!中はフワフワ!に仕上げるのがポイントです。

和風カキフライの材料:2人分

・カキ(加熱用):250g
・生パン粉・薄力粉:各適量
・揚げ油:適量
・塩:小さじ1/2
・黒こしょう:適量
・溶き卵:1個分
・片栗粉:適量
・キャベツ(千切り):適量
・中濃ソース:適量
・レモン(くし形):適量《和風タルタルソース》
・玉ねぎ:1/4個
・ゆで卵:2個
・マヨネーズ:大さじ3.5
・大葉:10枚
・からし:小さじ½
・酢:大さじ1
・塩:小さじ1/3

和風カキフライの作り方

1)カキの下処理をします。
カキに片栗粉をまぶし優しく混ぜ、カキの汚れが片栗粉に移ったらザルに取り、しっかり流水で洗います。
ボウルに移して多めの水分で洗い、しっかり水気を切ります。
2)バットに塩・黒こしょうをふります。
3)水気を拭いたカキをバットに並べます。
小さいカキと大きいカキを分けて並べます。
4)和風タルタルソースを作ります。
ボウルにマヨネーズ・からし・塩・みじん切りにした大葉・酢を加えて混ぜ合わせ、みじん切りにした玉ねぎ・ゆで卵を加えて再び混ぜ合わせます。
5)カキに薄力粉・溶き卵・生パン粉の順につけます。
小さいカキは二つを一つにして、つけておきます。
6)180℃に熱した油に衣付けしたカキを入れて、中火で揚げます。
生パン粉ははがれやすいので、油が汚れないようにまめに取り出します。
7)皿に千切りキャベツを置き、カキフライを盛りつけます。
和風タルタルソースを添えます。

まとめ

冬になるとカキフライが食べたくなりますよねえ^^
大葉を加えると、急に和風になって一味違うおいしさになりますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。