ゲンキの時間で感情の老化対策方法を紹介!

スポンサーリンク

2019年8月25日放送の健康カプセル!ゲンキの時間で感情の老化対策について紹介されました。
教えてくれたのはこころと体のクリニック院長 医学博士の和田秀樹先生です。

感情の老化で男性更年期の可能性も

普通、老化といえば外見や健康の変化を思い浮かべますが、実は感情も老化します。
早い人では40代から始まる人もいるといいます。
進行すると男性更年期障害を起こし、疲労感や頭痛など体に異変が起こしたり、放っておくと認知症やうつ病になる可能性もあるといいます。

感情の老化について教えてくれたのは、こころと体のクリニック院長 医学博士の和田秀樹先生です。

感情の老化の3つの原因

①男性ホルモンの減少

男性ホルモンである『テストステロン』には、好奇心や意欲を盛んにしたり、人との付き合いがよくなる特性があるので、減少すると感情の老化につながります。
男性ホルモン量を測定する項目である、遊離テストステロン値が8,5pg/mL以下になると男性更年期障害になる可能性があります。
男性ホルモンが減少する原因として、ストレス・睡眠不足が考えられます。

②前頭葉の老化

前頭葉とは脳の前方にあり、意欲・創造性・切り替えなとを司る場所です。
働きが悪くなると感情の老化につながるのです。
40代頃から前頭葉の老化が始まりますが、日常生活も前頭葉の働きに影響を与えます。
普段歩かない人よりも、よく歩く人の方が足腰が丈夫なように、脳に刺激がない日常が続くと前頭葉が老化しやすくなるのです。
人と会話をすることなどで、脳が刺激されやすくなります。
また、喫煙は前頭葉が縮むという調査結果が出ているので、避けた方がよいでしょう。

③幸福ホルモンの減少

別名幸福ホルモンと言われる神経伝達物質『セロトニン』は、精神の安定に影響を与える働きがあります。
そのため、分泌が少なくなると感情の老化につながるのです。
セロトニンは太陽の光を浴びることで活発に合成されます。
減少することで、不眠・食欲不振・意欲の低下などの症状が続き、日常生活にも支障をきたす病気である、うつ病になることもあるのです。

男性更年期障害(LOH症候群)とは

意欲の低下など精神的症状に加え、疲労感・頭痛・ほてりなどの肉体的な症状も現れる病気です。
女性の更年期障害と比べると、男性の場合は少しずつ男性ホルモンが減っていくので気づきにくいという問題があります。

感情の老化のチェック法

1、好奇心が減った。
2、同じ店で買い物しがちである。
3、会話は同じ仲間とばかりする。
4、新たなことを始めない
5、異性への興味が減った。
6、昔より失敗を引きずる。
7、肉をあまり食べない。
8、最近、イラつくことが多い。
9、最近、感動していない。
10、アイデアが浮かびにくくなった。

これらに3つ以上当てはまる人は、感情が老化している可能性があるそうです。

感情の老化の改善法

新しいことに挑戦する

テニスなどの新しい趣味や、言ったことのないお店で食事するなど、初めてのことにチャレンジすることは前頭葉の老化の改善に効果的です。

適度に筋肉を鍛える

テストステロンは筋肉を使うと多く分泌されます。
適度な筋トレをして筋肉をつけることが感情の老化の改善方法になります。

肉を食べる

肉には、セロトニンの減量になるたんぱく質が多く含まれています。
積極的に肉類を食べることが、感情の若返りの改善になるのです。

また、恋愛も感情の老化防止に効果的です。
恋愛は性ホルモンを増やしてくれるので、感情を若返らせます。

まとめ

感情の老化もあるとは!
そういえば、以前に比べるとワクワクドキドキすることが減ったとは思います。
新しいことにチャレンジするというのは、感情の老化の改善もできて、生活にハリも出そうでいいなと思いました^^
早速、あれこれやってみようと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。