【ゲンキの時間】ウサギとカメ体操のやり方!顔ヨガで脳の活性化&若返り

スポンサーリンク

2020年1月5日放送の健康カプセル!ゲンキの時間で
脳の若返り法に効果的な顔ヨガについて紹介されました。

教えてくれたのはヨガ講師の延村八重先生です。

顔ヨガとは?

顔ヨガとは、手と同時に顔の表情を変えるヨガをいいます。

脳は手と顔の表情を同時に変えることに慣れていないので、
いつもと違う動きで刺激を受け、若返りにつながるといいます。

延村先生は高齢者にも顔ヨガを指導していて、
肌にハリが出たり表情が豊かになったり、
口のまわりの筋肉が強化されるという効果を実感しているそうです。

顔ヨガの効果は?

3人の顔ヨガ挑戦者に、脳の血流の変化を測定する
「光トポグラフィー」という装置をつけて、
顔ヨガをしたときの脳の活動量を検証しました。

●何もしていないとき→脳の活動はほとんどなし
●顔のみ動かしたとき→脳の活動は少しアップ
●顔と手を動かしたとき→脳が大きく活動

3人とも顔ヨガで脳の前頭葉が活性化したことがわかりました。

顔ヨガで前頭葉が活発化!

前頭葉は脳の司令塔です。

感情・意欲・実行・思考・言語などを司っています。
前頭葉が衰えると怒りっぽくなったり、
外出が億劫になったりします。

つまり、前頭葉の活性化=脳の若返りなのです。

顔ヨガのやり方

プクプク危機一髪

①フグのように、頬を交互に膨らませます。
②膨らませた側の手を自分側に向けて立てて、
反対側の手をグーにして頬に軽く触れます。
③頬に空気をため、目をパッチリ開き息を吐きます。

☆いきなり顔と手を同時に動かすのは難しいので、
まずは鏡を見ながら顔の表情の練習をしましょう。
顔の動きを覚えたら、手を動かす練習をします。
また、慣れてきたら開く手の指を5本から1本ずつ減らしてみましょう。

難易度アップ!おいしいウサギとカメ体操

①黒目を左右に動かすのに合わせて、舌も左右に動かします。
②さらに、目線を向けた方の親指と小指を交互に立てます。

☆まず顔の動きから練習して、慣れてきたらスピードを上げてみましょう!

まとめ

む、むずかしい!
ウサギとカメ体操なんて、出来る人本当にいるの???と思いました^^;
これは脳が老化しているぞ~汗
がんばって脳の若返りをやりたいと思います!

☆日常生活で脳の若返り!
【世界一受けたい授業】初期のアルツハイマー病の改善法をデール・ブレデセン先生が紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。