【ゲンキの時間】クエン酸食材、梅干し・すだちで夏バテ対策レシピを紹介!!

スポンサーリンク

2019年8月18日放送の健康カプセル!ゲンキの時間でクエン酸入り食材で夏バテ対策レシピについて紹介されました。
クエン酸入り食材で夏バテ対策レシピについて教えてくれたのは、食品医学研究所所長 医学博士 平柳要先生です。

クエン酸食材、すだち・梅干しのパワーとは?

梅干しの健康パワー

梅干しのパワーについて教えてくれたのは、和歌山県立医科大学大阪河﨑リハビリテーション大学 医学博士の宇都宮洋才先生です。

梅干しのクエン酸で疲労回復・夏バテ防止

梅干しには糖をエネルギーに変えるクエン酸が入っています。
クエン酸をしっかりとると疲労回復・夏バテ防止の効果があるのです。
梅干しは、あらゆる食材の中でも、クエン酸含有量がトップクラスです。

梅リグナンで活性酸素をやっつける

梅干しには梅特有の成分『梅リグナン』が入っています。
ストレスが原因で発生する活性酸素は、動脈硬化を起こす原因となります。
梅リグナンには、活性酸素を打ち消す効果があるのです。

梅酢うがいで風邪・インフルエンザ予防

梅の名産地で知られるみなべ町の人は、梅酢でのうがいを習慣にしています。
梅にはウイルスを抑制する効果があります。
梅酢でのうがいや、梅干しを一日一個食べると、風邪やインフルエンザの予防が期待できます。

梅干しで食中毒予防

夏になると心配な食中毒。
梅には抗菌パワーもあるので、梅干しをご飯に混ぜ込んだお弁当は食中毒の予防にもってこいです。
しかし、梅干しを混ぜない日の丸弁当では、梅干しの周りしか効果がないので注意してください。

すだちの健康パワー

すだちのパワーについて教えてくれたのは、徳島県立工業技術センター食品・応用生物担当上席研究員 博士の新居佳孝先生です。

すだちを皮ごと食べて肥満防止

すだちの名産地、佐那河内村では、ビールにすだちを絞って飲んだり、絞った後の皮を食べたりします。
すだちには、すだち特有のポリフェノール『スダチチン』が含まれています。
スダチチンには脂質の代謝をよくしたり、体重が増えるのを抑える作用があります。

すだち+アルコールで飲みすぎの疲労を減らす

食品医学研究所所長 医学博士 平柳要先生によれば、お酒を代謝するには、かなりのエネルギーを必要とします。
クエン酸とお酒を一緒に摂ることで、エネルギーを効率よく生み出し、飲みすぎによる疲れを減らすことができます。
また、クエン酸は腸内の悪玉菌が増えるのを抑え、腸内環境をよくする働きがあります。
それにより腸の蠕動運動が促されて、お通じもよくなります。

簡単!梅干し・すだち料理レシピ

梅干しを使った鶏のから揚げの作り方

〈材料〉
・鶏もも肉:1枚
・梅干し:1~2個
・片栗粉:適量
・油:適量
鶏もも肉に梅肉をも見込み、片栗粉を付けて揚げます。
味付けは梅干しのみのカンタン料理です!

梅干しトーストの作り方

食パンに、ハムとピザ用のチーズ、ちぎった梅干しを乗せて焼きます。
梅干しの酸味がチーズの濃厚さをさっぱりさせてくれます。

すだちおにぎりの作り方

〈材料〉
・米:2合
・すだち果汁:6個分
・すりおろしたすだちの皮:6個分
・刻んだすだちの皮:3個分
・塩昆布:15グラム
・塩:適量
ごはんに塩昆布・すだち果汁・細かく切ったすだちの皮を混ぜ込み、おにぎりにします。
すだちのクエン酸が米の糖質を効率よくエネルギーに変換させます。

すだち果汁入り味噌汁の作り方

普通の味噌汁にすだちの果汁を絞ります。
クエン酸が、大豆製品に含まれるカルシウムの吸収率をアップさせてくれます。

クエン酸は疲労物質を体にたまりにくくするので、疲労回復・夏バテ防止につながります。
疲れているときにクエン酸入りの食品を摂ると、効率よくエネルギー補給ができるのです。

まとめ

梅干しは普段から食べる機会がありますが、すだちにはなかなか使わないので、果汁入りの味噌汁やおにぎりは食べてみたいと思いました。
それから、梅干し入りの鶏のから揚げも気になります。
あれなら、今日にでも真似できそうなのでぜひ取り入れたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。