【ゲンキの時間】ギュッパー体操のやり方!免疫力アップの方法を紹介

スポンサーリンク

2019年12月22日放送の健康カプセル!ゲンキの時間で免疫力アップ法について紹介されました。
教えてくれたのは帝京大学戦略的イノベーション研究センター免疫力制御研究部門特任教授の安部良先生です。

免疫力とは?

私たちが病気を跳ね返す力を免疫力といいます。
私たちの体の中では、免疫細胞が24時間体制で体内をパトロールし、ウイルスや細菌を撃退してくれます。
なので、免疫力が高いと感染症などにかかりにくいのに対し、免疫力が低いとかかりやすくなります。

免疫力に差が出る原因

少しきつい運動をしている→〇
例えば、不安定な足場を使うなど足腰を使う釣りなどのような、少しきつい程度の運動をすると体の血流がよくなります。
すると、免疫細胞が作られる骨髄への血流量も増え、免疫力アップにつながるのです。
激しい運動をしている→✕
筋トレなどの激しい運動をすると、筋肉組織がダメージを受け、それを修復しようと免疫細胞が集中し、修復を始めます。
そのため、ウイルスや細菌を撃退する力が低下してしまうのです。
お風呂はシャワーですませる→✕
激しい運動をした後などは、入浴などでしっかりと体を休ませることが大切です。
おすすめは41℃のお湯に15分浸かること。
体がリラックスして血流がよくなり、ダメージを受けた筋肉が早く回復して免疫力も高まります。
寝る前に長時間スマホを見る→✕
質の良い睡眠を取ると、体がリラックスして血流がよくなり、免疫力がアップします。
しかし、寝る前にスマホを見ると、光の刺激で体が緊張状態になります。
すると、血流が悪くなって睡眠の質も下がり、免疫力が低下する原因になります。
睡眠の質を高めるには、寝る約2時間前からスマホを見るのは控えましょう。
ストレスを感じている→✕
ストレスを感じると、免疫細胞の働きを抑えるホルモンが分泌され、免疫力の低下の原因になってしまいます。
安部先生おすすめのストレス解消法は、笑うこと。
笑うことで体がリラックス状態になり、ストレスホルモンの分泌量が低下します。
楽しみながら免疫力アップ効果が期待できます。

免疫力アップの食事選び

バランスの取れた食事は「色」がポイント
色味が多い食事ほど、いろいろな栄養素がバランスよく摂れ、免疫機能の維持や細胞の保護など免疫力アップが期待できます。

●赤・黄の食材→たんぱく質
納豆・肉・卵・魚など、免疫細胞の材料となります。
●緑の食材→ビタミン・食物繊維
ほうれん草・パセリ・モロヘイヤ・サラダ菜など、免疫機能を維持します。
●黒の食材→ミネラル
海苔・ひじき・わかめなど免疫細胞を保護します。

☆特に黒い食材は現代人に不足しがちなので、積極的に摂取しましょう!

免疫力をアップする方法

ギュッパー体操のやり方

1、全力の7~8割の力で顔と手足を「ギュッ」として、体を緊張させます。
2、一気に「パッ」と力を抜き、そのまま15秒ほどだらんとします。

☆これは医療現場で『筋弛緩運動』と呼ばれる治療法で、自律神経を整えて血流をよくする効果があります。
筋肉の緊張と弛緩を繰り返すことで、体がリラックス状態になり、免疫力アップが期待できます。
起床した時や仕事中の、ちょっとした空き時間に行うのがおすすめです。

まとめ

免疫力アップって、意外と生活のちょっとしたことでできるんですね。
早速今日からできることばかり、積極的に取り入れたいと思います。

☆こんな免疫力アップ法も!
【ゲンキの時間】登山に匹敵!インターバル速歩のやり方を紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。