【ゲンキの時間】猫背解消!正しい座り方&筋力の鍛え方を紹介!

スポンサーリンク

2019年9月8日放送の健康カプセル!ゲンキの時間で猫背対策として正しい座り方・筋力の鍛え方について紹介されました。
教えてくれたのは北里大学大学院整形外科学教授 医学博士 高平尚伸先生です。

猫背とは?

「猫背」とは、骨盤が本来あるべき位置よりも後ろに傾き、緩やかなS字カーブが崩れた状態を言います。
逆に骨盤が本来の位置より前に傾いている上体を「反り腰」と言い、まれに猫背との複合型の人もみられます。

てれ美
てれ美
猫背で悩む人ってすごく多いんですって!

猫背について教えてくれたのは、北里大学大学院整形外科学教授 医学博士 高平尚伸先生です。

猫背のリスク

肩こり・腰痛…猫背に人は背骨でなく首や肩などの筋肉で頭を支えるため、僧帽筋に大きな負担がかかります。
また、僧帽筋は後頭部までつながっているため、頭痛や眼精疲労の原因にもなります。
ひどい場合、腰回りの筋肉にも負担がかかり、腰痛や椎間板ヘルニアの原因になることも。

呼吸が浅くなる…猫背の人は、肺や横隔膜が圧迫されて、呼吸が浅くなってしまいます。
それが自律神経にも影響を与え、イライラやひどい場合はうつなどの原因になることも。

むくみ…猫背の人は、呼吸が浅いため静脈の流れが悪くなり、足がむくみやすくなります。

認知症…東京医科歯科大学病院 朝田隆先生によると、猫背で腰痛やひざ痛になると外出の機会が減り、活動性が鈍くなり交友関係が狭くなり認知症につながることも。

てれ美
てれ美
猫背で認知症のリスクが高まるなんて!!
ショック~!

猫背改善!正しい座り方のコツ

①浅く座ります。
②上体を前に倒します。
③おしりを背もたれと座面の角に当てます。
④そのまま状態を起こします。

てれ美
てれ美
猫背の人は最初は痛みを感じるかもしれないそうよ。
そんな時は徐々に体を慣らすことが大切なんですって。
無理しないでね!

猫背改善のための筋力の鍛え方

①立ってお腹をへこませます。
②かかとの上げ下げを数回行います。

てれ美
てれ美
たったこれだけで、正しい座り方をキープするための体幹がバランスよく鍛えられるんですって!

猫背のチェック法

1、イスを壁の前に置いて座ります。
2、つま先とひざを壁につけたまま、力まずに立ち上がれるかどうかチェックします。

てれ美
てれ美
猫背の人は、立つときに体が前に傾くクセがついてるからうまく立ち上がれないんですって!
できるかな~

まとめ

私も猫背は気になっていたのですが、正直言ってなかなか難しいと思っていました。
でも、あんなに怖ろしいリスクがいっぱいならば一刻も早く改善しなくては!と焦ってしまいました。
筋力を鍛える運動は簡単ですぐにできそうなので、そこからやってみます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。