【ゲンキの時間】薄毛・白髪・フケ対策を紹介!正しい髪の洗い方も!

スポンサーリンク

2019年9月22日放送のゲンキの時間で薄毛・白髪・フケ対策について紹介されました。
教えてくれたのはDクリニック東京頭髪外来の小山太郎先生です。

髪と頭皮を正しく守る方法とは?

日本人の3人に1人が悩んでいる体の部分、それは髪の毛です。
これから迎える秋は、実は髪が最も抜けやすい季節、なんと春に比べると2倍以上!
また、フケ・かゆみ・パサつきなどの悩みも増える季節なのです。
夏の強い紫外線により、かなりのダメージを負っているためだといいます。
なので、これからの季節にしっかりとケアすることが髪・頭皮の健康への分かれ道となるのです!

髪・頭皮のトラブルについて教えてくれたのは、Dクリニック東京頭髪外来の小山太郎先生です。

薄毛の原因は遺伝・紫外線・食生活

薄毛の場合、髪の毛が何本抜けるかよりも細くて短い毛が抜けることが問題だといいます。
ポイントは『ヘアサイクル』
髪の毛は1本が約6年かけて成長期→退行期を経て、休止期を迎え、抜け落ちます。
しかし、このサイクルが何らかの原因で早まると、髪の毛が十分に成長しないまま休止期を迎えてしまいます。
その結果、これから成長するはずの細く短い毛が抜けやすくなってしまいます。
これを『男性型脱毛症』といいます。
薄毛の原因は、母方からの遺伝が大きいといいます。
それ以外の大きな原因として紫外線があげられます。
紫外線により頭皮が炎症をおこし、髪の毛の成長が邪魔されて抜けやすくなってしまいます。
外出時は通気性のいい帽子を被って、紫外線を防ぎましょう。
また、食生活の乱れも薄毛の原因になる可能性があります。
髪の毛のために、良質なたんぱく質と野菜などのビタミンを摂ることが大切です。

白髪の原因は加齢・食生活・睡眠不足

もともと髪の毛は毛乳頭から白い状態で生えてきますが、メラノサイトの働きにより黒くなります。
それが、メラノサイトの働きが低下すると白髪になってしまうのです。
その原因としては加齢や食生活などが考えられ、一度白くなってしまうと黒く戻ることはほぼありません。
また、睡眠不足も白髪の一因と考えられます。
睡眠不足→ストレスを感じる→自律神経が乱れる→血行不良となり、髪に十分な栄養がいかずにメラノサイトの働きが低下、白髪につながってしまいます。
また、肩こり・首こりも血行不良により白髪の原因になる可能性があるので要注意です。

フケの原因は洗いすぎによる皮脂の減少

フケは頭皮のターンオーバーにより発生する皮膚のアカです。
自然に発生するものなので少量なら心配ありませんが、大量にでるとフケそのものが頭皮を刺激して、かゆみの原因になります。
フケの原因は、頭皮の皮脂が少ないことが考えられます。
皮脂は皮脂腺から出る脂肪などを含む体液で、紫外線などの刺激から頭皮を守ったり、髪に潤いを与えてくれたりします。
この皮脂が少なくなってしまうと、紫外線などの刺激から頭皮を守りきれず…
頭皮にダメージ→頭皮再生のためターンオーバーが早まる→フケが大発生となってしまいます。
皮脂が少なくなる原因として、まちがった洗髪の仕方が考えられます。
指を立てて強く洗うと、頭皮が傷ついて乾燥し、皮脂の量が減ってしまいます。
また髪の2度洗いは、必要な皮脂まで洗い落とされてしまい、もってのほかとのことです。

小山先生おススメの正しい髪の洗い方

1、まず湯洗いをします。
頭皮を洗うイメージで約1分半ほど行えば、頭皮の汚れを8割以上落とせます。
2、シャンプーを手のひらで軽く泡立ててから髪につけます。
これでシャンプーのすすぎ残しを防止できます。
3、髪に指をからませないで、手のひら全体を使い、襟足から頭頂部に向かって頭皮をマッサージするように洗います。
これで十分に汚れが落ち、炎症を防ぎ抜け毛の予防もできます。
また、頭皮をやさしくもむことで血行不良の改善・白髪予防にもつながります。
4、髪の乾かし方も大切です。
タオルを軽く押しあてるようにして水分をふき取ります。
ドライヤーは頭皮・髪へのダメージを防ぐため15㎝ほど離して風を当てます。

まとめ

日本人の体の悩みトップは、髪の毛についてなんですね。
私も髪についての悩みはたくさんあるので、いろいろ参考にしたいことがありました。
人の印象って、髪の毛でずいぶん変わるので大切にしたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。