「くりぃむしちゅーのハナタカ!」夏の健康・不思議な体の仕組みスペシャル!

スポンサーリンク

日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 
「 夏の健康・不思議な体の仕組みスペシャル」令和1年7月11日 
MC…くりぃむしちゅー(上田晋也・有田哲平) 進行…山本雪乃
ゲスト…仲村トオル、長嶋一茂、北斗晶、ケンドーコバヤシ、新井恵理那

今日の番組では、夏の健康・不思議な体の仕組みについて特集。
納豆やたまごに関する知識、正しい腹筋、腕立て伏せのやり方、熱中症を予防する体の冷やし方などを紹介しています。

東京都世田谷区 納豆専門店『せんだい屋』マネージャー 長塚悟史さんが言いたいハナタカ

・納豆に含まれるナットウキナーゼは熱に弱い酵素。納豆菌が死んでしまうので、健康のためには、熱々ごはんに乗せず、50℃以下で食べた方がよい。

・希少品種は少量しか取れないので、どうしても単価が上がってしまう。

・豆がちがうと、味も全くちがう。

・納豆のネバネバ糸は、タテに伸ばすと切れやすい
また、パックに入った納豆にのっているフィルムは、横のフタにスライドさせれば簡単に取れる。

・自分で納豆をまぜるのが面倒な場合は、納豆をまぜてくれる機械も市販されている。
『究極のNTO』(タカラトミーアーツ社 3024円)は、納豆を入れて外のハンドルを一回回すと、中はその倍の回数攪拌。約1分30秒回し、推奨される回転回数に到達すると、おいしく仕上がる。

・粘り気が欲しい場合、納豆を混ぜてからタレを入れた方がよい。

・同じ大豆でも重なりが多いと少ないでは、熟成の仕方が違う。
なので、カップに入った納豆はやわらかめパックは硬めになっている。
また、包んであるタイプは、熟成の進んだ納豆になる。

常温にすると熟成が進むので、持ち帰るときは保冷バッグ等を使用した方がよい。
また、食べるときは常温にした方が、熟成が進み味が濃くなっておいしくなる。

静岡県三島市 たまご専門店『TAMAGOYA』土田店長が言いたいハナタカ

・冷蔵庫の扉だと、たまごの大敵である温度差があり品質に影響するので、パックのまま冷蔵庫の奥に保存した方がよい。
また、たまごにはサルモネラ菌がついている場合があるので、他の食品に影響を与えないためにも、パックのままの保存がよい。

・スーパーで冷蔵すると、外との気温差でパックで結露し、水分とともに雑菌が入る恐れがあるので常温で販売されていることが多い。

・たまごを振って、音がしなければ新鮮で、音がすると古いもの
一週間以上経っているたまごは、中に隙間ができ動く音がする。

・生たまごとゆでたまごを見分けるには、回してみるとよい。
よく回転する方がゆでたまごで、あまり回転しない方が生たまご。
ゆで卵は、中身が固定されているのでよく回るため。

・卵かけごはんを作るときは、しょう油はごはんにかけた方がよい
ごはんにしょう油をかけると風味が出るため。
また、たまごはかき混ぜないで、切るようにまぜる。白身と黄身はあまり混ぜない方が、黄身としょう油の濃厚さが味わえる。

3割しか知らない日焼け止めのタイミングのハナタカ

・日焼け止めのタイミングは、外に出る約30分前がよい。
日焼け止めは、肌になじむまでに時間がかかるため。

3割しか知らない、より良い洗顔のハナタカ

・鼻→おでこ→頬→口のまわり→目の辺りの順で洗う。
皮脂が出やすい部分から乾燥しやすい順番に洗うことで、全体のバランスが整いやすい。

スポーツ内科医 栗原隆先生が言いたいハナタカ

・目薬をさした後、目をパチパチしてはいけない。
目と鼻はつながっているため、目薬が鼻の方へ落ちないように、さした後は目をつぶり目頭を5~10秒くらい押さえる。

手が濡れていると正しく計測できないので、体脂肪計で正確に測りたいなら手の汗を拭いて乾いた状態で測る。
また、膀胱にたまった水を体脂肪と勘違いするので、トイレにいってから測った方がよい。

・グリップを強く握ると微弱な電流を測る誤差が出るをので、軽く握る方がよい。また、グリップを強く握ると血流が阻害され、正しく計測できないこともある。

・体の表面の温度を皮膚温、内臓などの内部の温度を深部体温という。深部体温が上がると熱中症になるおそれがある。

・熱中症の予防には、手のひら・足の裏を冷やすのがよい。
それにより、末梢の血液を冷やし、深部体温を下げる。
熱中症になってしまったら、脇や首を冷やす。

・初心者がやる場合、横になり、へそをのぞき込むくらいの動きで、腹筋は十分に鍛えられる。45度以上は腰を痛めるので曲げないほうがよい。

ひざや腰を痛めにくいスクワットは、
1、足を肩幅に開く。ひざはつま先より先に出さない。
2、ゆっくり下がって揚がる。
脚は伸ばし切らないで、力を入れたまま上下運動すると、ひざを痛めるリスクが少なく、筋力アップにもつながる。

簡単な腕立て伏せは
1、ひざをつき、手を外側に向ける
2、腕は伸ばし切らないで上下運動する。こうすると、効率的に胸の筋肉が鍛えられる。

・片方のめをつぶり、両手の人差し指と人差し指を重なるように近づける。
指先同士がつかない人は、車を止める際の位置関係の認識などに使う、空間認識能力が衰えている可能性がある。

・空間認識能力を鍛えるには、目をつぶってものを取る、絵を描く、キャッチボールなどをするとよい。

・壁に手が付くギリギリの所に立ち、手をぶらぶら20秒ほど動かすと、手が壁につかなくなる。
腕を振ると筋肉が収縮するので、一時的に手が届かなくなる。しばらくすると自然に戻る。

管理人の感想
熱中症予防に手のひらや足の裏を冷やすのは、全然知りませんでした。
これからの季節に、役立つ情報になりそうです^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。