【ヒルナンデス】引き算ハンバーグの作り方!さわけん先生の引き算レシピ!

スポンサーリンク

2019年10月11日放送のヒルナンデス!で引き算ハンバーグについて紹介されました。
引き算ハンバーグを教えてくれたのは科学する料理研究家のさわけん先生です。

引き算ハンバーグのレシピ

作るのが面倒くさそう、時間がかかりそう…
そんな料理を、初心者でも簡単に作れる技を学ぶ『引き算クッキング』
教えてくれるのは、フランスの2つ星レストランで修行して、日本では調理師学校の先生もしているさわけん先生。
一般的なハンバーグの作り方では40分かかるところを、先生のレシピなら15分でできるといいます!
無駄な工程を引き算し、味はそのままで手順を簡略化した本格ハンバーグの作り方を教えてもらいました。

引き算ハンバーグの材料:4人分

・合びき肉:440g
・塩:小さじ⅔
・黒こしょう:適量
・焼肉のたれ:大さじ1
・乾燥パン粉:1カップ
・牛乳:100ml
・バター・油:適量
《デミグラスソース》
・赤ワイン:300ml
・水:200ml
・小麦粉:大さじ1
・鶏だしの素:小さじ2
・トマトペースト:大さじ1
・スライスベーコン:4枚
・ウスターソース:小さじ2
・砂糖:小さじ½
・塩・こしょう:適量

引き算ハンバーグの作り方

1)牛乳・パン粉・焼肉のたれ・塩・こしょうをひき肉に加えてよく混ぜます。

てれ美
てれ美
ななななんと!さわけん先生のハンバーグには玉ねぎも卵も入れません!
にんにく・しょうゆ・甘みがある焼肉のたれが代わりになってくれるんですって!

2)混ぜたひき肉を1.5cmほどの厚さに成形して、弱火から中火で焼きます。

てれ美
てれ美
ひき肉と材料をよ~く混ぜれば、成形するときの空気抜きも必要ないそうです!
簡単でいいわね!

3)ハンバーグを焼いているフライパンに、赤ワイン・鶏だしの素・トマトペースト・ウスターソース・小麦粉・塩・こしょう・スライスベーコンを加えて煮ます。
フタをして、ハンバーグに火を通します。
3分ほど煮て、竹串を刺して透明な肉汁が出たらできあがり!

てれ美
てれ美
ハンバーグを焼きながら、デミグラスソースも一緒に作ってしまう作戦ね!
あっという間にできちゃった!

まとめ

焼肉のたれ!
なんと、そんなワザがあったとは!!
確かにいろんな野菜や調味料が入っていて、しかもお肉との相性バツグンですもんね!
包丁なしでハンバーグが出来るなんて、革命ですね!

☆こんな時短料理もあります!
今でしょ講座でめんつゆ時短レシピ!生姜焼き、唐揚げ、きんぴらごぼうも!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。