【ヒルナンデス】立ちオットセイ体操で肩こり・腰痛対策!酒井先生が伝授

スポンサーリンク

2019年10月24日放送のヒルナンデス!で肩こり・腰痛対策について紹介されました。
教えてくれたのはさかいクリニックグループ代表の酒井慎太郎先生です。

腰痛対策のキホン

腰を守るために、くしゃみは上を向いてする!

くしゃみは急激に起こる激しい運動なので、体にとっては相当な衝撃です。
前傾姿勢になればなるほど、腰の椎間板に負担がかかります。
これを回避するために、できるだけ上を向き胸を張って前傾姿勢にならないようにしましょう。
また、机や壁などに手をついてくしゃみをすると、前傾姿勢になりにくく、衝撃を逃がすこともできます。

立ち仕事で腰が痛いときは温める!

長時間の立ち仕事で腰が痛くなってきたときは、日常のダメージの積み重ねで起こる慢性腰痛の可能性があります。
慢性腰痛の原因は血行不良や筋肉の緊張なので、体を温めて対処しましょう。
腰がつらくなったら、立ち仕事の後は毛布をかけたり厚着をするなどして、身体を冷やさないようにしてください。
お風呂は体を芯から温めるので効果的です。
基本的に腰・椎間板は、何かの衝撃で傷めたとき以外は冷やす処置はしません。
冷やすと筋肉が固まり、ぎっくり腰になる可能性もあるので注意が必要です。

腰痛でも病院に行けないときはストレッチをする!

痛いからと、体を動かさずに安静にするのはおススメではないといいます。
慢性腰痛の主な原因は血行不良や筋肉の緊張なので、無理がない程度にストレッチをして腰や背中の緊張をほぐすことが腰痛の予防になります。

腰痛予防に!立ちオットセイ体操のやり方

1、肩幅ほど足を開いて壁の前に立ち、肘を伸ばして手をつきます。
2、両足の位置を一歩後ろに下げ、腰を前に出して胸を前に張ります。
3、呼吸をしながら、30~60秒ゆっくり伸ばします。

朝にやるのがオススメです!
※痛みを感じる場合は無理をしないでください。

腰痛予防のためにウォーキング!

ウォーキングは体全体をまんべんなく動かす全身運動なので、血行をよくし体のコリをほぐす効果があります。

ウォーキングの3つのポイント

1、あごを引いて前を見る。
2、腕をよく振って、全身を動かす。
3、背すぎを伸ばして歩く。

肩こり対策のキホン

肩への負担を減らすために低い枕を使う!

高い枕を使うと頭が前方に固定されるだけでなく、首まで前に固定されて本来の背骨のS字カーブが作れなくなり、ストレートネック(まっすぐな首)になってしまいます。
枕は低ければ低いほどいいので、酒井先生は患者さんに「枕は必要ないです」と言っているそうです。

まとめ

腰が痛いと、冷やすか温めるか迷ってしまいますが、基本的に冷やすことはないんですね。
冷やすと余計大変なことになってしまうので、しっかり覚えておかないと!
腰痛でも、ストレッチで体をほぐす方がよいのも驚きです。
動かさないようにしがちなので、とにかく血行と緊張をほぐすことに注意を払わなければ!

☆正しい姿勢も大切です!
【ゲンキの時間】猫背解消!正しい座り方&筋力の鍛え方を紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。