ヒルナンデスで医者が考案した長生きみそ汁のレシピを紹介!

スポンサーリンク

2019年8月5日放送のヒルナンデスで医者が考案した長生きみそ汁について紹介されました。
医者が考案した長生きみそ汁を教えてくれたのは順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生です。

医者が考案した長生きみそ汁のレシピ

80万部を突破したベストセラー「医者が考案した長生きみそ汁」の著者、小林弘幸先生が、長生きみそ汁の夏バージョンを考案しました!
そのレシピを紹介いたします!

長生きみそ汁・ピリ辛夏バージョンの材料:10杯分

・血糖値上昇を抑える 赤みそ:80グラム
・腸を整える乳酸菌が豊富 白みそ:80グラム
・血液サラサラ効果 玉ねぎのすりおろし:150グラム
・カリウムが抱負 リンゴ酢:大さじ1
・一味唐辛子:小さじ1
・おろししょうが:1かけ分

長生きみそ汁・ピリ辛夏バージョンの作り方

1)すべての材料をボウルの中で混ぜ合わせます。
2)製氷器で10等分します。
3)冷凍庫で2~3時間冷やして固めます。

唐辛子のピリッとした刺激と、生姜のさっぱりとした味わいが食欲をそそるみそ汁です。

熱中症予防に効果のある長生きみそ汁の材料:2人分

・絹ごし豆腐:150グラム
・油揚げ:1枚
・水:300cc
・ピリ辛長生きみそ玉:2個
・皮をむいた枝豆(冷凍でも可):50グラム

熱中症予防に効果のあるみそ汁の作り方

1)油揚げをトースター(800~1200W)でこんがりするまで1~2分焼きます。
2)鍋に水を入れ火にかけ沸騰してきたら、焼いた油揚げを手でちぎりながら入れます。
3)絹ごし豆腐をスプーンですくいながら入れます。
4)皮をむいた枝豆を入れます。
5)ピリ辛長生きみそ玉を入れて溶かします。

体温調節に重要なマグネシウムが豊富な枝豆を入れることにより、熱中症予防効果を期待できます。

快眠効果を高めた長生きみそ汁の材料:2人分

・ナス:2本
・キムチ:60グラム
・ごま油:大さじ½
・水:300ml
・ピリ辛長生きみそ玉:2個

快眠効果を高めた長生きみそ汁の作り方

1)鍋にごま油を入れ、乱切りにしたナスを炒めます。
2)ナスに油がまわったら、水・キムチを入れて沸騰させ、中火で3~4分煮ます。
3)ピリ辛長生きみそ玉を入れて溶かし、よく混ぜます。

GABAが豊富なナスとキムチが、快眠効果を高めてくれます。

便秘解消に効果的な冷製ポタージュ風長生きみそ汁の材料:2人分

・絹ごし豆腐:150グラム
・調整豆乳:200ml
・ゴボウ:100グラム
・長生きみそ玉:2個

便秘解消に効果的な冷製ポタージュ風長生きみそ汁の作り方

1)ゴボウを600Wの電子レンジで約1分30秒加熱し、みじん切りにします。
2) 切ったゴボウと絹ごし豆腐を密閉容器に入れ、よく振ります。
3)豆腐が細かくなったら、一味としょうがが入っていない通常の長生きみそ玉を入れてつぶし、さらに調整豆乳を加えてよく混ぜます。
4)器に盛り付け、お好みでオリーブオイル・こしょう・しょうゆをかけます。

食物繊維が豊富なゴボウが、便秘解消に効果的な長生きみそ汁です。

疲労回復効果があるみそのつけ汁冷しゃぶ素麺の材料:1人分

・ピリ辛長生きみそ玉:1個
・しょうゆ:小さじ1
・すりごま:大さじ1
・水:70cc
・大根おろし:適量

疲労回復効果があるみそのつけ汁冷しゃぶ素麺の作り方

1)ピリ辛長生きみそ玉・しょうゆ・すりごま・水をボウルに入れかき混ぜます。
2) お好みでごま油を加えます
3)薬味で大根おろしを添えます。

素麺と豚肉と大根おろしの疲労回復の最強トリオが、夏バテに効果的な料理です。

まとめ

みそ汁は少しだけ作るのは面倒ですが、みそ玉は食べたいときにすぐ使えていいなと思いました^^
特に冷製ポタージュ風のみそ汁は、もはやみそ汁といえないのでは?
すごくおいしそうで、みそ汁に飽きてきたときにいいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。