【ホンマでっかTV】歯の新常識!歯の最新治療最前線!

スポンサーリンク

2019年11月6日放送のホンマでっか!?TVで歯の最新治療最前線について紹介されました。
教えてくれたのは審美歯科評論家の桑水流隼人先生、口腔外科評論家の宮本日出先生、歯科評論家の倉治ななえ先生です。

歯の新常識とは?

11月8日は「いい歯の日」
今回は歯の新常識をたくさんお伝えします!

18~20歳のキスが歯周病の重度を決める!?

口の中の菌は、他人の唾液から移ります。
悪性の歯周病菌が定着しやすいのは、18~20歳の間と言われています。
この時期に多くの人とキスをすると重度の歯周病菌が定着する可能性があります。

最新歯のホワイトニングは4分の光照射でできる!

最新のホワイトニングは、クリーニングと合わせて約30分でできます。
一度通院すれば、歯が真っ白になるので手軽にできるようになりました。
歯茎にカバーをして薬剤を塗り、半導体レーザーを2分照射します。
これで歯について汚れが分解されます。
これを2回繰り返して、計4分の光照射のホワイトニングは終了です。
この方法なら、歯が熱くならずに痛みもありません。

口腔崩壊の恐怖

最近の子供の口腔崩壊が進んでいます。
虫歯が10本以上ある子供、虫歯治療をしない子供が増えているのです。
母子家庭の増加など、時間や生活に余裕がなく、親が治療に連れて行かないケースが増えていると考えられます。

子供の頃にみんなで歯磨きをした子は、歯に関心を持つ大人に!?

子供の頃に大人に歯をみがいてもらうなどの記憶は、子供の心を育てます。
温もりを感じる記憶は、子供に特殊な記憶として残るそうです。

歯のかたどりはスキャナーでできる!

今までのように、いちいち写真を撮れなくてもよくなってきています。
コンパクトな3Dスキャナーで口の中のデータを取り、それをもとに歯の詰め物を作れるようになりました。
午前かたどりして、午後には出来上がってしまうそうです!
かみ合わせのデータもできるので、災害などで行方不明になったとしても個人を特定できるようになります。

男性よりも女性の方が歯周病になりやすい!

歯周病は女性ホルモンを栄養源とするために、女性の方がなるリスクが高くなります。
また、妊娠すると通常より女性ホルモンが20~200倍に増えるので、歯周病菌が増えやすくなります。
そのため、歯周病の妊婦は早産・低体重児出産のリスクが5倍以上になります。
歯周病の毒素が、子宮を収縮させてしまうためですが、治療をすればリスクは減少します。

まとめ

歯って、命に直結しているんだなと思いました。
大切にしないといけませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。