【今でしょ講座】麦茶で普通の食パンを高級食パンに変身させる方法を紹介!

スポンサーリンク

2019年12月10日放送の林修の今でしょ講座で普通の食パンを高級食パンに変身させる方法について紹介されました。
教えてくれるのは、東大クイズ王の伊沢拓司さんです。

普通の食パンを高級食パンに変身させる裏ワザ

 

今、都会を中心に高級食パン専門店が増えています。
大人気で長い行列ができる店も多くあります。
でも、「うーん、確かにおいしいんだけど、ちょっとお高いのよね…」という方も少なくありません。
というわけで、家庭で簡単に普通の食パンを高級食パンに変身させる裏技を紹介してもらいました。

食パンに麦茶をつけると香ばしくふわふわに!

普通の食パンや日が経ってパサパサの食パンの両面に、麦茶をキッチンペーパーで軽くつけて、オーブントースターで3分ほど表面に焦げ目がつくくらい焼きます。
麦茶は霧吹きで吹きかけたり、ハケで塗ってもOKです。
すると、パンのよい香りが漂い、かじってみると「サクッ!」と音が!
パンも麦茶も「麦」でできています。
特に麦茶は大麦を焙煎して作るため、香ばしさの成分が抽出されています。
まさに香ばしさを閉じ込めた飲み物です。
なので、それを食パンにつければ、香ばしさが食パンに戻り、おいしい食パンに変身するのです。

パンに切り目を入れれば、耳までカリッと!

パンの耳がもさもさしておいしくないのは、耳に火が通りづらく生焼けだからです。
なので、パンの耳に沿って切り目を入れていつも通り焼けば、その切り目の間から熱が伝わり、しっかり耳も焼けるので、ホテルのトーストのようにカリッとサクサク耳になるのです。

牛乳と粉末ミルクで生クリーム入り高級食パンに!

牛乳と、コーヒーなどに入れる粉末クリームの両方を使います。
まずハケなどで表面に牛乳を塗り、そのあと粉末クリームをかけてトーストします。
するとミルキーな香りが漂い、生クリーム入りの高級食パンの味わいに変身します。

食パンのモチモチ食感をアルミホイルでキープ!

余った食パンを冷凍保存すると風味が落ちそう…と、冷凍保存に抵抗感を持つ人は多いものです。
そんな時は、アルミホイルで1枚ずつ食パンを密着するように包みます。
そして冷凍庫で保存します。
食べるときは、アルミホイルを取り、凍ったままオーブントースターへ。
3分ほど焼けば、パン屋さんのパンのようなモチモチ食感がよみがえります。
パンのモチモチ食感の正体はでんぷんです。
食パンをそのまま冷凍すると、凍る過程ででんぷんが壊されてしまいます。
しかも、ゆっくりと凍らせると、より大きな氷の粒が出来てでんぷんががより壊れてしまいます。
つまり、ゆっくり凍らせれば凍らせるほどパサパサになってしまうのです。
なので、短時間で凍らせればでんぷんは壊れにくくなります。
アルミホイルは熱伝導率が高いので、包んで凍らせれば早く冷え、でんぷんが壊れないまま凍らせることができます。
でんぷんが壊れていない食パンは、モチモチ食感がキープされるのです。

まとめ

普通の食パンしか買わない我が家にとって、これは価値ある情報です!
ぜひ高級食パンに変身させたいと思います。

☆トーストのおいしい食べ方!
【ハナタカ】美味しいバタートーストの作り方!日本バタートースト協会の梶田先生が伝授

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。