【人生最高レストラン】武田真治さんがおすすめ筋トレ&大好きえびつけ麺を紹介!

スポンサーリンク

2019年12月7日放送の人生最高レストランで武田真治さんがハマっているパスタのような絶品つけ麺が紹介されました。

武田真治さんのごちそうとは?

筋肉体操で再ブレークを果たした武田真治さん。
今や、テレビで見かけない日はありません。
そんな武田さんの今ハマっているごちそう、二度と食べたくないイヤなごちそう、憧れの人との忘れられないごちそうを教えてくれました。

武田さんが今ハマっているえびのつけ麺

新宿高島屋前にある旅行会社HISの裏にある「五ノ神製作所」。
いつも行列ができる人気店で、武田さんのお気に入りはえびのつけ麺。
えびを炒めて作った香味油とえびを煮込んだ濃厚なスープが素晴らしくおいしいのだそう。
そこにバジルをトッピングして絡めて食べると絶品なのだそうです!
イタリアンと和食の中間という感じの不思議な麺が、今一番好きな麺ということです。

武田真治さんが女性に求めるものは?

武田真治さんが女性に求めるものは超独特で、初めて会った女性の肋骨の広がりが気になるそうです。
酸素をたくさん取り入れてたくさん吐いた方が、運動になり汗もかけるので、肋骨があまり広がらないと不健康ということ。
なので女性が遅れてきても、走って息が上がり、肋骨が広がっているのを見ると許せるそうです。

武田さんオススメ、足腰の筋肉体操のやり方

1、お尻を突き出すようにしゃがみ、両手は互いのひじを押さえるように組みます。
かかとを床につけたまま、ひざとお尻が同じ高さになるように!
2、ひざが伸び切らないくらいに立ちます。
伸ばし切ると休憩の状態になるので注意!
3、10回行います。

武田さん、極貧時代のティッシュにマヨネーズ

17~18歳の頃、全く売れずにたべられない時期があったという武田さん。
定時制の学校に通っていたので夜ごはんは出たそうですが、ゴールデンウイークなどの連休はつらかったそうです。
一度、何も食べるものがなくてティッシュにマヨネーズを付けて食べたといいます。
ティッシュを棒状にひねり、野菜スティックのようにしてかじったのだとか。
つらい思い出ですが、そんな経験があったからいろんなことに感謝できるのだそうです。

忌野清志郎さんとの思い出の味、スタミナ天

満足に食べられずにやせてしまったことで、「フェミ男」として売れっ子になった武田さん。
体調が悪いときに、竹中直人さんが忌野清志郎のプライベートスタジオに誘ってくれたのがきっかけで清志郎さんと知り合いに。
サックスがきっかけで清志郎さんに気に入られ、彼の全国ツアーに参加することに!
清志郎さんと会っていなければ、今の自分はないといいます。
清志郎さんのプライベートの近くにある代々木上原駅から徒歩15秒の「ごきらく亭」で、いつも食事をしていたそうです。
その店の和牛ひき肉・豚バラ・にんにく・卵・イカなどが入ったスタミナ天というお好み焼が思い出の味。
清志郎さんというスーパースターとの、特別な時間だったそうです。

まとめ

武田真治さんのちょっと不思議なパワーは、こういうごちそうが源になっているんですね。
つけ麺はあまり食べたことないのですが、ぜひ食べてみたいと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。