【ジュ―ダイ】10代がスマホで聴く音楽って?スマホ音楽事情を紹介!

スポンサーリンク

2019年12月16日放送の#ジュ―ダイで10代がスマホで聴いている音楽について紹介されました。

10代って、どんな音楽を聴いているの??

イヤホンをしてスマホの音楽を聴いている若者、よく見かけますよね。
街で音楽を聴いている10代たちは、一体どんな曲を聴き、何を思っているのでしょうか?
生徒数1000人を超えるマンモス校の、千葉県拓殖大学紅陵高等学校の文化祭「紅陵祭」で突撃調査しました!

まるりとりゅうが「幸せになって」

鈴木来樹くんの思い出の曲です。
『こんなにもあなたのこと好きになってしまう前に
せめてさ さよならの言葉告げてほしかったなんて
勝手でワガママだよね』
好きになった人の一番になれなかった気持ちを歌った男女デュオが歌うバラード。
過去に名古屋まで会いにいったのにバックレられたことを思い出し、共感してしまうそうです。

Official髭男dism「Pretender」

中村友香ちゃんの思い出の曲です。
『グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない
辛いけど否めない でも離れがたいのさ』
この歌詞に共感できる出来事が「ボチボチ」あったと笑います。
最近、歌詞が響くことがあったようです。

大黒摩季「ら・ら・ら」

新垣愛理ちゃんの思い出の曲です。
なぜ1995年のミリオンセラーを??と思ったら、一緒にカラオケに行くほどなかよしのお母さんの影響だそうです。
大黒摩季サン一筋のお母さんの影響で、娘のスマホに入っているんですね^^

FUNKY MONKEY BABYS 「ありがとう」

内田美愛ちゃんの思い出の曲です。
中学校の卒業生を送る会で、先生方が卒業生のために歌とメッセージを贈ってくれた時の思い出の曲です。
歌う方も聞く方も号泣だったとか。
その時の映像は、今もスマホに大事に保存されています。
中学でテニス部だった美愛ちゃんは、テニスノートを顧問の先生と交換していて、それは30冊以上にも。
今でも中学に会いに行くほど尊敬しているそうです。

吉幾三「おら東京さ行くだ」

切替哲汰くんのまさかの一曲です。
子供の頃、秋田の田舎に住んでいた言う切替くん。
CMでこの曲を知り、YOU TUBEで調べたといいます。
この曲にハマりすぎて、中学校の給食の時間にリクエストしてかけてもらい、学校中に広めたとか。
学校のみんなも「テレビもねえ~」と歌っていたそうです。

AK-69「START IT AGAIN」

相撲部の松永ジョージくんの思い出の曲です。
『一度燃え尽きようとも再起不能でも こいつの火は消えない
再び宿る鼓動 甦る映像 本当は怖かった All night』
この曲が、どん底だったジョージくんを救ってくれたといいます。
小学生から相撲が強かったジョージくんですが、中学生の時に出た関東大会では全然勝てませんでした。
その悔しさをばねに高校に入り、相撲部に入部。
しかし、1年の後半にケガをしてしまい、入院・手術をします。
医者には「もう相撲はできないかも」と言われてしまったそうです。
その間に全国大会があり、自分以外の全員が出場し、自分は寮で留守番、悔しい思いをしました。
そんなときに「START IT AGAIN」を聴いて、「こんなとこじゃ腐れない、もっとやってやろう!」と決意、
今年は県大会を無敗で優勝、初めてお母さんに金メダルを見せることができました。
そして全国大会ではベスト8に!
将来はプロを目指すそうです!

まとめ

なるほど!!の曲から、なんで??の曲までいろいろあっておもしろかったです!
若者もいろいろいて、少し近くに感じられました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。