【世界一受けたい授業】アレルギー急増を大矢先生に学ぶ!卵・タピオカ・牛乳

スポンサーリンク

2019年10月26日放送の世界一受けたい授業で急増するアレルギーについて紹介されました。
教えてくれたのは国立成育医療研究センターアレルギーセンター長の大矢幸弘先生です。

急増するアレルギー

日本人の2人に1人は何らかのアレルギーだといわれています。
その数は年々急増しています。
以前は、食物アレルギーは口から取り込んだ食べ物を、体内の免疫細胞が敵だと認識すると発症すると考えられていました。
しかし、最近の研究では肌荒れなど皮膚に炎症があると、肌表面の肌を守る細胞が活性化し、触れている食べ物を敵だと勘違いして攻撃し、アレルギーを発症すると考えられています。

アレルギーについて教えてくれたのは、国立成育医療研究センターアレルギーセンター長の大矢幸弘先生です。

運動でアレルギー症状が出ることも

アレルギーを持つ人が、何らかの原因物質を体内に取り込んでしまった場合、運動していないときは腸内でのアレルギー物質の吸収がゆっくりなのに対し、運動していると吸収が促進され、アレルギーの症状が出やすいと考えられています。
ランニングなどの激しい運動で症状が出ることが多いですが、散歩のような軽い運動でも出る場合があるの要注意です。
思い当たる人は、食後2~4時間は激しい運動をしないことをおすすめします。

アレルギーの実例・卵

卵アレルギーを持つAちゃんは、普段から卵を口にしないように食事に気を付けていました。
しかしあるとき、顔が赤くなりアレルギー症状が出てしまいました。
その原因は、ゆで卵を作るときの湯気。
家族のためにゆで卵を作っていたAちゃんは、その湯気に当たりアレルギー症状が出たのです。
先生の調査によると、一般家庭の布団のほこりの中から一番多くみつかったアレルギーの原因物質は、ダニではなく卵のたんぱく質でした。
卵料理を作った時、空気中に卵のたんぱく質が舞い、布団のほこりの中に混ざります。
そこへ湿疹や肌荒れのある赤ちゃんが寝てしまうと、卵を食べたことがないのに卵アレルギーになってしまうこともあります。
以前は、妊娠中に母親が食べたものが原因で赤ちゃんがアレルギーになると考えられていました。
しかし、最近の研究によると空気中の卵のたんぱく質が皮膚から入るのが原因だとわかってきました。
対策として、赤ちゃんの肌荒れを治したり、小児科の医師と相談しながら生後半年くらいからごく少量ずつ卵を食べさせることなどがあげられます。

アレルギーの実例・タピオカミルクティー

買ってきたタピオカミルクティーを会社で飲んだBさん。
すると突然体調不良になり、気分が悪くなってしまいました。
その原因はなんとイカスミ。
黒いタピオカは、イカスミ色素で着色されていることがあります。
Bさんは甲殻類アレルギーでした。
その中には、イカやタコにもアレルギー反応が出る人もいます。
そのため、タピオカミルクティーを飲むとアレルギー症状が出る場合もあるのです。

アレルギーの実例・牛乳

重度の牛乳アレルギーを持つCくん。
小学校に入学してから、毎日のようにゼエゼエとせき込んで帰ってくるようになりました。
もちろん学校で牛乳は飲んでいません。
その原因は学校で使われているチョーク。
チョークには、牛乳アレルギーの元になるたんぱく質の「カゼインナトリウム」という成分が含まれていることがあります。
Cくんは一番前の席だったため、チョークの粉を吸い込んでいたと考えられます。
その後、カゼインナトリウムが含まれていないチョークに変えてもらうと、発作は出なくなったそうです。

まとめ

日本人の2人に1人がアレルギーとは…
私もアレルギーがありますが、季節によってはつらいです。
最近の子供たちは空気中のたんぱく質でアレルギーになるなんて、繊細な子が多いんですね。
空気じゃ逃げることもできないし、肌荒れ予防と卵に慣れさせるしかないんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。