【世界一受けたい授業】初期のアルツハイマー病の改善法をデール・ブレデセン先生が紹介!

スポンサーリンク

2019年11月30日放送の世界一受けたい授業で初期のアルツハイマー病対策について紹介されました。
教えてくれたのは、「アルツハイマー病 真実と終焉」の著者でカリフォルニア大学名誉教授のデール・ブレデセン先生です。

初期のアルツハイマー病の改善法・予防法

アルツハイマー病の原因

アルツハイマー病とは、炎症等の脳へのダメージによりアミロイドベータと呼ばれるゴミが蓄積して発症すると考えられています。
このゴミが脳の神経回路と破壊し、脳を委縮し機能を低下させてしまうといいます。
「アルツハイマー病 真実と終焉」の著者、デール・ブレデナン先生はこのアミロイドベータの発生を、生活習慣の改善で押さえる治療法を考案しました。
今まで、9割の患者が病気の改善に成功したといいます。

9つの軸となる治療法

①夜から朝は12時間の絶食をする
②毎日、有酸素運動と筋トレをする
③7~8時間の睡眠を取る
④ストレスを最小限に抑える
⑤脳トレ―ニングを行う
⑥歯の治療をする
⑦なるべく自然の食品を摂る
⑧腸内環境を整える
⑨天然系の製品を使う

初期のアルツハイマー病の改善法・予防法

1、毎朝、同じ時間に起きる
☆睡眠を7~8時間取るのが理想的ですが、難しいという人は起床時間を一定にするだけでも脳と体の生活リズムが整います。
2、起きたらすぐにカーテンを開けて、3分以上日光をあびる
☆日光浴で作られるビタミンDは、アルツハイマー病予防の効果があるという研究結果が。
3、朝、緑茶でうがいをする
☆緑茶にはアミロイドベータの蓄積を予防する効果があるカテキンが豊富に含まれています。朝うがいをして、睡眠中に増えた口の中の細菌を出し、脳への侵入を防ぎましょう。
4、毎日、必ず日記を書く
☆日記を書くためにその日の出来事を思い出そうとするので、脳の記憶する部分が活性化されます。
5、歯磨きを両手でおこなう
☆両手で交互に歯磨きすると、片手よりも広範囲に脳を刺激できます。
6、発酵食品を食べる
☆みそ・しょうゆ・納豆など、発酵食品で腸内環境を整え、栄養の吸収率を高め、脳に栄養が届きやすくしましょう。
7、週に2回は青魚を食べる
☆イワシやサバなどの青魚に含まれるDHAは脳の神経細胞を活性化させ、記憶力や注意力の低下を防いでくれます。
8、間食はナッツや豆類を食べる
☆血糖値が急に上がると脳によくありません。間食には、血糖値が上がりづらく記憶力アップの成分が含まれる枝豆やナッツがおすすめです。
9、お酒を飲むなら赤ワインを
☆お酒は脳によくないのでおすすめしませんが、飲むなら脳の認知機能を高めるポリフェノールが多く含まれる赤ワインがおすすめです。
10、大根・葉物野菜・さつま芋を食べる
☆さつま芋には、腸内環境を整える食物繊維が豊富に含まれ、脳に必要なブドウ糖の代謝に欠かせないビタミンB1が豊富で、血糖値の上がり方も緩やかなのでおすすめです。
11、カビの掃除をする
☆患者の脳にカビがあったという研究結果が報告されたことが。日本は湿気が多くカビが生えやすい環境なので、こまめに掃除をしましょう。

逆読みウォーキングのやり方のやり方

脳トレとウォーキングを合わせた予防法です。
ウォーキングしながら、言われた言葉を逆さにして答えます。
☆例えば「ブタ」→「タブ」
「スイカ」→「カイス」
「サクランボ」→「ボンラクサ」…など

まとめ

毎日の小さな習慣で病気になりにくくなるかもしれないんですね。
誰にでもできることなので、ぜひ続けたいですね!

☆他にもこんな改善法・予防法が!
【たけしの家庭の医学】ノビレチンで認知症対策!シークヮーサージュースが効率的
【主治医が見つかる診療所】認知症対策のカンタン入眠ストレッチを紹介!
主治医が見つかる主治医で認知症対策!親指タッピング・ピンピン刺激法!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。