【世界一受けたい授業】勝矢さんが脂肪味改善ダイエット成功!舌を10日で改善する方法

スポンサーリンク

2019年10月12日放送の世界一受けたい授業で肥満対策として脂肪味を改善する方法について紹介されました。
教えてくれたのは東京歯科大学准教授の安松啓子先生です。

脂肪味とは?

やせようと思ってもやせられない…それは意志の弱さではなく、舌に原因があると近年の研究でわかってきました。
第6の味覚と言われる「脂肪味」が原因だったのです。
脂肪味とは、甘味・塩味・酸味・苦味・うま味に加わる第6の味覚です。
この脂肪味によって、肉や魚などの脂の味を感じることができます。
脂っこい料理を大量に食べる人は、脂肪味が鈍感になり脂の味をちゃんと感じることができない人だといいます。
そんな脂肪味は、たった10日間で改善できるといいます。

脂肪味が鈍感になる理由とは?

脂肪味が鈍感になる原因①脂の摂りすぎ

脂っこいものを多く食べると、脂を感じにくくなります。
そのため、より多く脂ものを食べてしまう…というまさに肥満サイクルに陥ります。
また、脂肪味が鈍感になると脳からの消化活動の指令が遅れ、満腹ホルモンの分泌も遅れてしまうため、満腹感も鈍感になってしまいます。
その結果、なかなか満腹感が得られずに食べすぎにつながってしまうのです。

脂肪味が鈍感になる原因②食事を抜く

ダイエット中の人などがやりがちな行動である、食事を抜くなど食事制限をしすぎるのは逆効果だといいます。
ホルモンバランスが崩れ、脂肪味に対しても鈍感になってしまうのです。

脂肪味改善方法のやり方

脂肪味改善方法①脂を控えた食事を摂る

一食で脂質が20gを超えないよう食事を10日間続けます。

てれ美
てれ美
揚げ物だけでなく、カレーや乳製品・とんこつラーメンやマヨネーズも禁止なんだ!厳しい内容ね

脂肪味改善方法②舌のブラッシング

舌の汚れ(舌苔)があると味を感じにくくなります。
舌をブラッシングして汚れを落とします。
強くブラッシングすると舌を傷めてしまうので、市販の舌専用ブラシで優しく真ん中2回、左右2回ずつブラッシングします。

勝矢さんが脂肪味改善方法に挑戦

東京歯科大学准教授の安松啓子先生の脂肪味改善方法に挑戦してくれたのは、LDHの勝矢さんです。

勝矢さんの結果は?

無脂肪牛乳に少量の脂肪を加えて、ちがいが見分けられるかのチェックで鈍感レベルだった勝矢さんですが、10日間の脂肪味改善方法で見事に敏感レベルに改善されました!

まとめ

脂の摂りすぎが舌の鈍感さのせいだなんてショックです。
絶対に鈍感レベルの自信があるなあ…汗
でも、10日で改善できるのは朗報ですね。
これから年末になると食事会なども増えてくるので、その前になんとか対策をしておきたいですね!

☆こちらのダイエット法もチェック!
【主治医が見つかる診療所】内臓脂肪を減らすすだちのレシピを紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。