【たけしの家庭の医学】ノビレチンで認知症対策!シークヮーサージュースが効率的

スポンサーリンク

2019年10月15日放送のたけしの家庭の医学で認知症対策としてノビレチンについて紹介されました。
教えてくれたのは国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長の遠藤英俊先生です。

認知症とは?

私たちの脳には、千数百億にも及ぶ脳細胞があります。
その一つ一つが通信回路のようなものでつながり、情報のやりとりをしています。
しかし、加齢により通信回路が衰え途切れると、脳の働きが低下してしまいます。
その結果、最悪の場合認知症を発症してしまうのです。

認知症の切り札『ノビレチン』

ラットの脳細胞を使った実験で、遠藤先生が研究している成分『ノビレチン』によって、バラバラだった脳のネットワークが再生され、認知症のような状態から回復することに成功。
このノビレチンは認知症対策の切り札であり、この成分で将来は薬を作りたいと遠藤先生は言いますが、実用化は早くても数年後になりそうです。
しかし、沖縄県大宜味村にこのノビレチンを豊富に含むスーパー食材があるといいます!

『ノビレチン』を多く含むシークヮーサー

沖縄の言葉で「酸を食わすもの」という意味のシークヮーサーには、他の食材の約20倍ものノビレチンが含まれています。
大宜味村はシークヮーサーの生産量が日本一。
実に58%のシークヮーサーが大宜味村で作られています。
もともとこの土地に自生していたシークヮーサー。
大宜味村の人たちは、昔から自然とノビレチンを摂取しており、お年寄りも驚くほどの若々しさと記憶力を持っています。

シークヮーサーでノビレチンを効率よく摂るには?

大宜味村では、シークヮーサーをお刺身に搾りかけたり、醤油に丸ごといれて使ったりしますが、薬味では効率よくノビレチンを摂るのは難しいのです。

一番はシークヮーサージュース!

生搾りジュースにして、砂糖水で割って飲みます。
冷凍しておけば、一年中飲むことができます。

てれ美
てれ美
大宜味シークヮーサーパークには、ひねるとシークヮーサージュースが出てくる夢の蛇口があるのよ!
飲み放題なんですって!いいな~
大宜味村まで行かなくても、通販などでもシークヮーサージュースは買えるから安心してね!

青いシークヮーサーが効率的!

シークヮーサーの実がなるのは9~12月。
秋口に採れる果実は「青切り」と呼ばれる青く硬い実で、11月以降のものは黄色くなり甘みが増していきます。
青いシークヮーサーと黄色く熟したシークヮーサーでは、青いほうが約2.5倍のノビレチンを含んでいます。
なので、シークヮーサージュースを選ぶときは「青切り果実使用」「9月収穫果実使用」などと書かれた果汁100%のものを選ぶと、ノビレチンを効率よく摂ることができます。

シークヮーサーの皮に多く含まれるノビレチン

実はシークヮーサーのノビレチンの9割が、皮に含まれています。
シークヮーサージュースは、皮ごと搾っているのでノビレチンを効率よく摂ることができるのです。
つまり、苦いシークヮーサージュースにこそ、ノビレチンが豊富に含まれているのです。

まとめ

大宜味村のお年寄りの元気さに驚きです。
100歳の人の脳年齢が30~40代って…
シークヮーサージュースは体によさそうだけど、すっぱそうだなあ^^;
でも、一度買って飲んでみよう!

☆こちらの認知症対策も!
【主治医が見つかる診療所】認知症対策のカンタン入眠ストレッチを紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。