【金のベンリ堂】合掌ストレッチ&振り子運動!お風呂でインナーマッスルトレーニング!

スポンサーリンク

2019年10月16日放送の金のベンリ堂で肩こり・腰痛対策としてインナーマッスルトレーニングについて紹介されました。
教えてくれたのは国士館大学教授の須藤明治先生です。

究極の風呂の入り方とは?

大手の製陶会社TOTOが開発した、車一台分の値段のついた究極の浴槽。
卵型の湯船に寝そべるような入浴の仕方をします。
TOTOは、入浴中の姿勢を精密に計測し、快適さを徹底追及しました。
その結果、宇宙飛行士が無重力空間で取る脱力姿勢、「ニュートラルポスチャー」が究極のリラックス入浴法という結論に達したのです。
でも、あまりに高価なこの浴槽…
なんとか家庭で、この宇宙のリラックスを味わう方法はないものでしょうか。

家でできる究極の風呂の入り方

宇宙飛行士の健康管理をしているJAXA主任研究開員杏林大学医学部准教授の山田深先生によると、体重がかからないという意味で、水中と宇宙は似ているといいます。
水に沈むと体重は約1/7になります。
浴槽に座っている状態からお湯を抜くと、徐々に重力を強く感じるようになり、宇宙から帰還するときと同じ感覚になるのです。
例えばみぞおちまでお湯につかれば体重が1/3に感じ、火星と同じ状態になります。
鎖骨までつかると体重は1/6に感じて、月と同じになります。
さらに首までつかれば1/7になり、木星の衛星(エウロパ)と同じになるのです。

究極の風呂の入り方、首までつかるエウロパ浴

国士館大学教授の須藤明治先生と検証した実験で、筋肉の動きを感じるセンサーを使い陸上と水中の筋肉の活動量を調査。
その結果、水中で陸上と同じ動きをしても、筋肉はほとんど動かずほぼ休んでいる状態であることが判明。
つまり、お風呂に全身浸かる全身浴の方が、筋肉がリラックスしやすいのです。

究極の風呂の入り方「お風呂治療」

ドイツでは「テルメ」と呼ばれるお風呂。
テルメは病院と連携して、習慣病対策の運動をしたり治療する現場となっています。
このお風呂治療はれっきとした治療行為として、ドイツでは保険も適用されます。
テルメでの治療の第一人者である、ドイツ体育大学ケルンのヴィルヘルム・ブロッホ教授は、水中治療の中でも肩こりや腰痛など関節を治す運動治療に注目しています。
関節の位置を調整して滑らかに動かす役目をもつインナーマッスル。
体の奥深くにあるインナーマッスルは鍛えるのが難しいのですが、お風呂の中では効率よく動かすことができます。
お風呂は、インナーマッスルのトレーニングをするチャンスタイムなのです。

簡単!お風呂でインナーマッスルトレーニング

☆肩関節を整える合掌ストレッチ
1、39℃くらいのぬるめのお湯に全身浸かり、軽く手を合わせます。
2、肩甲骨を意識してあごをひき、手のひらを下にして腕を伸ばします。
3、息を整えたら、今度は手のひらを上にして伸ばします。
4、最後に腕をねじって、手のひらを外に向けて伸ばします。
1セットでOKです!

※必ず肘は水中に入れて行いましょう。
浮力で腕を軽くして、アウターマッスルを休ませます。

☆腰の痛みを和らげる振り子運動
1、水中で片足を上げて、股関節を中心に真横に振ります。
2、片足10回ずつゆっくり動かします。
※楽な動きでないとインナーマッスルは鍛えられません。
1ヶ月ほどで効果が出ることが多いです。

まとめ

お風呂で肩こりが治るんですね!
入浴前に聞きたかった!!
あんなに簡単な運動を1回やるだけでいいなんて朗報です。
肩こりに悩む人たちにドンドン教えたい!

☆きくち体操で肩こり解消!
【金スマ】きくち体操の1分で肩こりが治るストレッチを紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。