【金スマ】きくち体操の1分で肩こりが治るストレッチを紹介!

スポンサーリンク

2019年8月24日放送の金スマで1分で肩こりが治るストレッチについて紹介されました。
1分で肩こりが治るストレッチを教えてくれたのは菊池和子先生。
挑戦したのは仁科亜季子さんと早見優さんです。

菊池和子先生が1分で肩こりを解消する3つのストレッチのやり方を伝授

1分で肩こりを解消する3つのストレッチのやり方について教えてくれたのは、きくち体操考案者の菊池和子先生です。

きくち体操とは?

菊池和子先生が、50年間独学で調べつくし、知識や経験から作ったオリジナル体操です。
日常生活で使わなくなった筋肉を意識して動かすことで、体の様々な不調を改善してくれます。

1分で肩こりを解消する3つのストレッチのやり方

①手のひら体操のやり方

1、両肘を伸ばし、両手を前に出します。
2、手のひらから指先までしっかり開きます。
開いた指の間を均等にするのがポイントです。
3、この姿勢を10秒キープします。
☆痛みを感じたらすぐにやめて、医師に相談してください。

②口あけ体操のやり方

1、口を大きく開けて、両手の人差し指と中指を口の中に入れます。
2、この状態を10秒キープします。
目も大きく開けるのがポイントです。
肩こりを治すには、口の周りの筋肉を鍛えるのが重要です。
口が大きく開かない人は、肩の筋肉が衰えている可能性があります。
☆顎関節症になりやすい方は注意してください。

③耳まわし体操のやり方

1、両手で両耳をつかんで、耳たぶを上にしっかり持ち上げます。
気持ちよく感じられる程度まで上げましょう。
耳が温かくなったら、血行がよくなっている証です。
2、耳の上部分をつかんで、下にしっかり引っ張ります。
気持ちよく感じられる程度まで引っ張ります。
3、耳を横にしっかり引っ張りながら、右に5回、左に5回、ゆっくり回しましょう。
肩こりを解消するのに、耳まわりの筋肉を使うことが重要です。

仁科亜季子さんと早見優さんが1分で肩こりが治るストレッチに挑戦

菊池和子先生の1分で肩こりが治るストレッチに挑戦してくれたのは、仁科亜季子さんと早見優さんです。

仁科亜季子さんと早見優さんの結果は?

筋硬度計で測った肩こりの数値が…(40を越えると肩こり)
仁科亜季子さん  右肩54、左肩58→右肩50、左肩40
早見優さん    右肩38、左肩52→右肩30、左肩41

たった1分で、大幅に数値がよくなりました!

まとめ

たった1分ですが、血行がよくなりそうですね。
私もテレビを見ながら耳を引っ張る体操をやったら、耳がカッカと熱くなりました!
それにしても菊池先生はお若い!
とても85歳には見えません!
背筋もピンと伸びて美しいですね。
だらけ切った自分の体にカツを入れたくなりました(>_<)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。