金スマで長友流食事術、ファットアダプト食事法のレシピを紹介!

スポンサーリンク

2019年8月23日放送の金スマで体が10歳若返るファットアダプト食事法について紹介されました。
教えてくれたのはチーム長友の北里研究所病院の山田悟先生と専属シェフの加藤超也先生です。

長友式!一か月で10歳若返るファットアダプト食事法とは?

世界の第一線で活躍するサッカー選手、長友佑都選手が実践している食事法です。
長友選手が、北里研究所病院の山田悟先生と長友選手の専属シェフである加藤超也氏と出会ったことで生まれた、誰でも簡単にたった一か月で10歳若返る超食事術です!
女性にうれしい肌荒れや冷え性改善、疲労回復も期待できます!

ファットアダプト食事法について教えてくれたのは、北里研究所病院の山田悟先生です。

一か月で10歳若返る食事術、3つのポイント

①良質な油で細胞が若返る

意外ですが、体を若返らせるのに油が不可欠です。
実は、体の細胞を包んでいるのは油です。
なので、油の摂取を制限し手体内に油が不足すると、細胞膜は枯渇してしまいます。
さらに、油を摂取してもそれが古いものだと、若返るどころか、逆に細胞はどんどん老化してしまいます。
つまり、新鮮で良質な油をしっかり摂ることが若返りのカギになるのです。
油は使うとすぐに酸化するので、調理の油は1回で使い切り、揚げ物も揚げたてを食べることが重要です。

どんな油がよいのか?

チーム長友のおすすめの油は
・オリーブオイル
・えごま油
・アマニ油
納豆のたれがわりに、オリーブオイルを使うのもオススメです。

良質油たっぷりアボカド鯖ソテーのレシピ

1、油分の高いアボカド、酸化防止のレモン汁、オリーブオイルをミキサーでペースト状にします。
2、DHAが豊富なサバをフライパンで焼き、アボカドのソースの上に乗せます。
3、風味つけに乳脂肪たっぷりの生クリームに生海苔を混ぜたソースを添えます。

②たっぷりのたんぱく質で筋肉が若返る

体はたんぱく質でできています。
良質なたんぱく質をしっかりとることで、太りにくい体を作ることができます。

どれくらい食べればよいのか?

体重1キロに対してたんぱく質1,0~1,5キロ、つまり体重50キロの人は50~75グラムのたんぱく質が必要だといわれています。
牛ステーキなら250グラム、豚ステーキは220グラム、マグロの赤身の刺身なら200グラム(刺身約10切れ)に当たります。

1杯で30グラム摂取!たんぱく質スープのレシピ

1、たんぱく質たっぷりの皮つきの鶏もも肉をオリーブオイルとカレー粉で炒めます。
2、薄切りにした玉ねぎを加えて、しんなりするまで炒めます。
3、高たんぱくのレンズ豆を戻さないまま入れます。
4、角切りにしたトマトを加えて、じっくり煮詰めます。
5、水切りしたヨーグルトを加えます。
ヨーグルトは水切りした方がたんぱく質が豊富です。
6、鶏がらスープなどを加え、ミキサーにかけます。
長友選手はケガをしたときに、このスープを飲んで超回復したそうです!

③老化の原因、糖質をコントロール

私たちの体を動かすエネルギーとなる糖質ですが、摂りすぎは老化を早める原因になりかねません。
食事などで摂り過ぎた糖質が、細胞を劣化させる『糖化反応』をおこすのです。
糖化反応がすすむとしわ、しみ、くすみなどとなって現れます。
せっかく良質の油・たんぱく質を摂っても、糖質をとりすぎるとメリットが失われてしまいます。

どれくらい食べればよいのか?

チーム長友は「ゆるやかな糖質制限」を推奨しています。
おすすめは1食につき、20~40グラムです。
ごはんなら、小ぶりのお茶碗に半分程度、食パンは8枚切り1枚、スパゲティは⅓ 束くらいになります。
また、たんぱく質・油・食物繊維を先にしっかり食べると血糖値上昇を抑える物質が出るので、糖質を食べるなら最後に食べるようにしましょう。

意外な食材の糖質に注意!

ヘルシーに見えるごぼうには100グラム中、糖質が9,7グラム含まれています。
野菜の中ではかなり高い数字です。
また、かまぼこも100グラム中、糖質が9,7グラム含まれています。
食べ過ぎには要注意です。

小麦粉かわりに高野豆腐を!

小麦粉は100グラム中糖質が80,3グラムも含まれています。
そこで、高野豆腐をフードプロセッサーで粉末にして小麦粉の代わりに使えば、糖質が99%カットできます。
鶏のから揚げを衣にしても、味も変わらないのでオススメです。

まとめ

トップアスリートはトレーニングにも食事にも妥協を許さないんですね。
特に長友選手は研究熱心な気がします。
この食事法は意外と簡単そうで、がんばれば一か月でものすごく若返るかも!と思いました^^
高野豆腐をつけた鶏のから揚げは、ぜひトライしたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。