【この差って何ですか】太りにくいのは寄せ鍋と舞茸!太りにくい鍋を紹介

スポンサーリンク

2019年12月24日放送のこの差って何ですか?で太りやすい鍋と太りにくい鍋について紹介されました。
太りやすい鍋と太りにくい鍋について教えてくれたのは、東京慈恵会医科大学附属病院管理栄養士の赤石定典先生です。

鍋なら食べても太らない!…わけではない!

寒い冬に食べたいものと言えば鍋料理ですね!
鍋料理って野菜がたくさん入っていてヘルシーだから、いくら食べても太らないし!
…などと思っていませんか?
確かに、スイーツ・揚げ物・麺類などに比べれば太りにくいですが、選ぶつゆや具材によっては太りやすくなることもあるのです!
カロリーを決める3つの栄養素「糖質」「脂質」「たんぱく質」の中で、太る原因となるのは糖質と脂質で、たんぱく質は筋肉に変わるので太る原因にはならないのです。
また、食物繊維が含まれていれば、糖質・脂質の吸収を抑えてくれます。
つまり、太る指標はカロリーではなく、
(糖質+脂質)-(たんぱく質+食物繊維)の数値なのです。

太りにくいのは寄せ鍋

(糖質+脂質)-(たんぱく質+食物繊維)の数値による太りやすい鍋ランキングです。

第1位 すき焼き
4人分のすき焼きで使う砂糖は、角砂糖約30個分!
さらに牛肉には脂肪が多いのが理由です。
第2位 しゃぶしゃぶ
確かにしゃぶしゃぶするとお肉の脂は落ちますが、その脂が野菜についてしまいます。
また、牛肉やごまだれにも脂質が多く含まれているので、太りやすいのです。
第3位 坦々鍋
坦々鍋にはつゆにごま油やラー油などが使われていますが、お肉は豚肉なので牛肉と比べると脂質を少なく抑えられます。
第4位 水炊き
第5位 豆乳鍋
第6位 キムチ鍋
キムチ鍋には、牛肉ではなく豚肉が使われることが多いので、太りにくい鍋と言えます。
第7位 モツ鍋
モツ(マルチョウ)は脂質は少なくないのですが、牛肉や豚肉と比べると少なめです。
モツの中でもハツには、脂質をエネルギーに変えるビタミンB2が多く含まれています。
マルチョウの脂質を消費してくれるので、ハツと一緒に食べるのがおすすめです。
第8位 寄せ鍋
寄せ鍋に使われるエビやタラは、牛肉と比べるとけた違いに脂質が少ないので太りにくい鍋と言えます。

☆赤石先生によれば、4位以下の鍋は健康的に食べられる鍋だということです!

鍋に舞茸を入れて、太るのを防ぐ!

舞茸には『MXフラクション』が豊富に含まれています。
MXフラクションには、血糖値の上昇を抑え、過剰な脂質を排出する作用があります。
しかし、MXフラクションは硬い細胞壁の中にあるので、そのまま食べても体に吸収されにくいという難点があります。
100℃くらいの温度で10分以上加熱すると細胞から出てくるので、鍋に入れてつゆまで食べるのが最適の調理法です。

一番太りにくい鍋の〆は雑炊

ごはん、うどん、中華麺に含まれる糖質の量に大きな差はありませんが、雑炊はつゆでごはんのかさが増すので、食べるお米の量が少なくてすみます。
結果的に糖質の量を抑えることができます。

まとめ

これから本格的な鍋の季節になるので、かなり気になる情報ですよね。
いろいろしっかりと意識しながら、宴会シーズンに臨みたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。