「きょうの健康」で、大人のあせもの対策を紹介!

スポンサーリンク

2019年7月16日放送の「きょうの健康」で大人のあせも対策について紹介されました。
教えてくれたのは、東京医科歯科大学 非常勤講師 藤本智子先生です。

大人のあせもとは?

・あせもは子供だけではなく大人でもできることがあります。
・暑い外での仕事、登山などで長時間汗をかくとできやすいので注意が必要です。
・かきすぎると重症化して、「とびひ」になってしまうこともあります。

大人のあせもについて教えてくれたのは、東京医科歯科大学 非常勤講師 藤本智子先生です。

大人のあせもの原因

・太っていると、汗をかきやすく皮膚がこすれやすいのであせもになりやすい傾向があります。
・胸の大きい女性、胸の垂れた女性も胸の下に汗がたまって、あせもができやすくなります。
・ベッドで寝たきりの高齢者の方も、布団と密着した部分に汗をかいてあせもができやすくなります。

大人のあせもの対策は?

1、とびひになってしまったら、皮膚科へ受診し、抗菌薬・副腎皮質ホルモンが入った外用薬・抗ヒスタミン薬を処方してもらいましょう。
2、こまめな入浴・シャワーで汗をかきっぱなしにしないことが大切です。
3、クリームタイプやパウダータイプのあせもの市販薬を使用しましょう。
4、市販の製品を使っても症状が改善しない場合は、医療機関を受診しましょう。
5、服装は汗を吸いやすく、乾きやすいものを選びましょう。
6、入浴後は5分以内に乾燥肌を防ぐために乳液などで保湿しましょう。

まとめ

汗をかいたまま放置しておくと、大人もあせもになってしまうことに驚きました。
とにかく、こまめに汗をふいて、清潔を保つことが何より大切なんだなと思いました。
肌が乾燥していると、あせもになりやすいというのは驚きでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。