【きょうの料理】カキジャンのパスタ&カキの焼きリゾット!レミさんのカキ料理レシピ

スポンサーリンク

2019年12月30日放送のきょうの料理で広島県のカキを使った料理について紹介されました。
教えてくれたのは料理研究家の平野レミ先生です。

広島県のカキを使った料理のレシピ

カキジャンのパスタの材料:2人分

《カキジャン》
・カキ(生食用):300g
・にんにく(みじん切り):大さじ3
・ごま油・サラダ油:各大さじ6(90ml)
・干ししいたけ(乾いたままバラバラに砕いたもの):4~5枚分(8g)
・長ねぎ(みじん切り):2本分(200g)
・豆板醤:小さじ2
・オイスターソース:小さじ1/4
・塩:小さじ½
・こしょう:少々
《パスタ》
・スパゲッティ(1.4㎜):150g
・温泉卵:1個
・パセリ(みじん切り):少々

カキジャンのパスタの作り方

①カキジャンを作ります。
カキは塩水で洗い、汚れを落とします。
ひだの間の汚れもきれいに落とすように洗いましょう。
②ペーパータオルで水気を取ります。
③フライパンにごま油・サラダ油を入れ、砕いた干ししいたけ・にんにくのみじん切り・長ねぎのみじん切り・豆板醤を加えて中火で炒めます。
長ねぎが透き通るまで炒めましょう。

てれ美
てれ美
長ねぎとにんにくの香りを引き出すため、冷たい油に入れてから加熱します!

④約6分炒めたら、洗ったカキを加えてヘラでつぶします。
弱火で5~6分間炒めたら、オイスターソースを加えます。
⑤塩・こしょうで味を調えます。
⑥袋の表示通りにゆでたパスタを皿に盛り、カキジャンをかけます。
⑦温泉卵をのせ、パセリをかけます。

カキのリゾット材料:2~3人分

・カキ(生食用):200g
・バター:20g
・にんにく(みじん切り):小さじ1
・玉ねぎ(みじん切り):1/4個分(50g)
・マッシュルーム(薄切り):50g
・牛乳・生クリーム:各カップ½
・オイスターソース:小さじ1
・ハーブソルト(または塩):小さじ⅛
・こしょう:少々
・かために炊いたごはん(温かいもの):300g
・ピザ用チーズ:50g
・コーンフレーク(粗くつぶす):20~25g
・ミニトマト:適量
・クレソン:適量
・塩・バター:適量

カキの焼きリゾットの作り方

①フライパンにバターを入れて、中火にかけます。
②にんにく(みじん切り)・玉ねぎ(みじん切り)・マッシュルーム(薄切り)を炒めます。
玉ねぎがしんなりするまで火を通します。
③牛乳・生クリーム・オイスターソース・ハーブソルト・こしょうを入れて味を調えます。
④カキを加えてヘラでつぶし、強火で2~3分煮詰めます。
⑤弱火にしてかために炊いた温かいごはんを入れます。

てれ美
てれ美
水分を吸収しやすいように、温かいごはんを使います!

⑥ピザ用チーズを加えて混ぜます。
⑦チーズが溶けたら、フライパンの中身をいったんボウルに取り出します。
⑧フライパンにバターを溶かして、粗くつぶしたコーンフレークを入れて炒めます。
⑨リゾットをフライパンに戻し、フライパンをひっくり返して皿に盛り付けます。
⑩ミニトマトとクレソンを添えます。

まとめ

カキを形そのままでいただくのではなく、惜しげもなくつぶしてたっぷり使うやり方ですね!
なんという贅沢な!!
ぜひ広島のぷりっぷりのカキで作ってみたいですね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。