キューピー3分クッキングでいかとパプリカの塩味炒めのレシピを紹介!

スポンサーリンク

2019年8月14日放送のキューピー3分クッキングでいかとパプリカの塩味炒めについて紹介されました。
いかとパプリカの塩味炒めを教えてくれたのは料理研究家の宮本和秀先生です。

いかとパプリカの塩味炒めのレシピ

暑い夏にうれしい、さっぱり塩味の炒め物です。
いかとパプリカの歯ごたえや、いろどりも楽しめるお料理です。
いかのかわりに、えびやホタテを使ってもおいしくできます。

いかとパプリカの塩味炒めの作り方

1)するめいか2はい(450グラム)は、胴体と足の部分にくっついている部分をはずし、エンペラを持って静かに足部分を引き抜きます。
目の下に包丁を入れ、足とわた部分を別にしておきます。
2)胴部分に残ったわたを取り、軟骨もはずしておきます。
流水で中をきれいに洗います。
切った足部分も流水で洗い、吸盤をしごいて取り、一度ぎゅっと水気を絞ります。
洗ったいかは、ペーパータオルなどでしっかり水気を取っておきましょう。
3)ビニール袋に、1センチ幅に切ったいかの胴体と、2本ずつに切り分けたいかの足をいれます。
そこへ酒小さじ1、塩小さじ⅓ 、片栗粉小さじ2を入れて、袋のまま混ぜて、調味料や片栗粉をまんべんなくまぶします。
4)合わせ調味料を作ります。
水⅓カップ、酒大さじ2、塩小さじ¼ 、こしょう少々、砂糖小さじ½ 、しょうゆ小さじ⅓、片栗粉小さじ1をよく混ぜます。
5)パプリカ(赤・黄)各1個(200グラム)は、縦半分に切り、種を取って1センチほどの半月切りにします。
歯ごたえを楽しむために、あまり薄く切らないようにしましょう。
6)フライパンに油小さじ2を入れ、パプリカを中火で約2分炒めて、いったん皿に取り出します。
7)同じフライパンに油小さじ2を足して、いかを炒めます。
いかに熱が入りふっくらしてきたら、香りづけに長ねぎ½本の斜め切りと、しょうが⅓かけの薄切りを加えます。
余分な水気が出ないように強火にして炒めます。
8)さらにいかがふっくらしてきたら、パプリカをフライパンに戻します。
合わせ調味料を一度に入れます。
全体を大きく合わせて、調味料とよくからめます。
9)最後に、香りづけのごま油小さじ1を鍋肌から加えます。

まとめ

ぷっくりして歯ごたえバツグンのいかと、さっぱり塩味がよく合いそうです^^
パプリカは油とからむことで、さらに色鮮やかになっておいしそう!
いかもパプリカも大きめに切ってあるので、食べ応えもありそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。