キューピー3分クッキングできすの天ぷらのレシピを紹介!

スポンサーリンク

2019年8月16日放送のキューピー3分クッキングできすの天ぷらについて紹介されました。
きすの天ぷらを教えてくれたのは料理研究家の宮本和秀先生です。

きすの天ぷらのレシピ

天ぷらの定番、きすのおいしい季節です!
きすの天ぷらには、モロヘイヤやみょうがなどの夏野菜がよく合います。
また、えびやアナゴなどと天ぷらも盛り合わせにするのはもちろん、そうめん・冷や麦などの冷たい麺類に添えるのも最高です。
白身の上品な天ぷらは、夏でもたくさん食べたくなるおいしさです!
淡白な魚なので、カレー塩や抹茶塩を添えると、さらにおいしくなります。

きすの天ぷらの材料:4人分

・きす(開いたもの):8尾(400グラム)
・モロヘイヤ:½ 束(50グラム)
・みょうが:6個(120グラム)
〈衣〉
・卵:1個
・冷水:卵と合わせて1カップ
・塩:2つまみ
・小麦粉:1カップ
・氷:2かけ
〈天つゆ〉
・だし汁:1カップ
・みりん:大さじ3
・しょうゆ:大さじ3
〈カレー塩〉
・カレー粉:小さじ⅓
・塩:小さじ1⅓

・小麦粉
・油

エネルギー1人分416キロカロリー

きすの天ぷらの作り方

1)モロヘイヤ½ 束(50グラム)は、根元の硬い所を取り、揚げた時に広がらないように結んでおきます。
みょうが6個(120グラム)は、洗って水気を取った後、縦半分に切っておきます。
3)天ぷらの衣を作ります。
卵1個に、卵と合わせて1カップになる量の冷水を加えます。
泡だて器でよく混ぜ、塩二つまみを入れます。
薄力粉1カップを加え、表面に粉が残る程度に混ぜます。
温度が上がらないように、氷を2かけ入れます。
4)揚げ油を175℃に熱しておきます。
モロヘイヤを衣をつけて揚げます。
様子を見ながら何度かひっくり返し、2~4分くらいかけてカラッと上げます。
油から上げるときに、数回振って余分な油を落とすとカラリと仕上がります。
同じ様に、みょうがも2~3分揚げます。
5)きす(開いたもの)8尾(400グラム)は小麦粉適量をまぶしておきます。
衣をつけて揚げます。
何度かひっくり返しながら、180℃の油でサクッとするまで5分ほど揚げましょう。
6)天つゆを作ります。
だし汁1カップ、みりん大さじ3、しょうゆ大さじ3を鍋で煮立たせます。
7)天ぷらを皿に盛りつけ、カレー粉小さじ⅓ と塩小さじ1⅓ を合わせて作ったカレー塩を添えます。

まとめ

きすの天ぷらはもちろんですが、結んで揚げるモロヘイヤとみょうがの天ぷらがおいしそうです^^
天つゆとカレー塩の味わいを比べるのも、贅沢な気分になりますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。