キューピー3分クッキングでなすとミニトマト、甘長唐辛子の焼きびたしのレシピを紹介!

スポンサーリンク

2019年8月10日放送のキューピー3分クッキングでなすとミニトマト、甘長唐辛子の焼びたしについて紹介されました。
なすとミニトマト、甘長唐辛子の焼びたしを教えてくれたのは料理家のこてらみや先生です。

なすとミニトマト、甘長唐辛子の焼びたしのレシピ

焼きなすを冷やして、つけ汁につけて食べる夏にぴったりの一品です。
夏野菜から冷たいつけ汁がじわっとしみでる清涼感あふれるお料理です!
しょうが汁の風味は加熱すると飛びやすいので、最後に入れるのがコツです。

なすとミニトマト、甘長唐辛子の焼びたしの材料:4人分

・なす:4個(360グラム)
・甘長唐辛子:4本
・ミニトマト:8個
・だし汁:1カップ
・みりん:大さじ2
・淡口しょうゆ:大さじ1
・塩:小さじ½
・しょうが汁:小さじ1

エネルギー1人分73キロカロリー

なすとミニトマト、甘長唐辛子の焼びたしの作り方

1)鍋にだし汁1カップを入れて火にかけ、みりん大さじ2、淡口しょうゆ大さじ1 、塩小さじ½を加えます。
塩が溶けるように混ぜた後、火からおろして粗熱をとっておきます。
2)なす4個(360グラム)はへたを残しガクだけ切り、焼いたときに破裂しないように数か所を包丁でさします。
グリルか焼き網で皮が焦げるくらいしっかり焼いておきます。
3)熱いうちになすの皮をむきます。
縦半分に切り、バット等に並べ、だし汁に浸します。
4)甘長唐辛子4本に、だし汁がしみやすいように縦に包丁で切り目を入れ、ミニトマト8個はへたを取ります。
甘長唐辛子は水分が抜けてくたっとするくらい、ミニトマトは皮がはじけるくらいまでグリルが焼き網で焼いておきます。
ミニトマトは焼いたあと、皮をむいておきます。
5)甘長唐辛子とミニトマトもだし汁に浸します。
だし汁にしょうが汁小さじ1を加え、全体がつけ汁に浸かるようにペ―パータオルかラップで落し蓋をします。
粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やします。

まとめ

夏野菜がだしのうま味にしっかり浸って、とてもおいしそうです^^
グリルや焼き網で焼くと野菜のかさも減るので、野菜がたくさん食べられそうですね!
他にもいろんな野菜で試せそうです。
しょうがの風味がきいて、ビールやお酒にも合いそうです。
カロリーが低いのもありがたいです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。