キューピー3分クッキングでなすみそ餃子のレシピを紹介!

スポンサーリンク

2019年8月17日放送のキューピー3分クッキングでなすみそ餃子について紹介されました。
なすみそ餃子を教えてくれたのは料理家のこてらみや先生です。

なすみそ餃子のレシピ

食感がよくなるように塩もみしたなすがたっぷり入った餃子です。
青じそなどの香味野菜とみその風味がよく合って、さっぱりした仕上がりです。
塩もみしたなすの水気をしっかりと絞り切るのがポイントです!

なすみそ餃子の材料:4人分

・なす:3個(270グラム)
・塩:小さじ1
・片栗粉:小さじ2
・酒:大さじ1
・みそ:大さじ1½
・ごま油:小さじ2
・鶏ひき肉:150グラム
・長ねぎ:10センチ
・しょうが:1かけ
・青じそ:10枚
・餃子の皮:24枚
・ごま油:小さじ1
・酢(好みで):適量
・一味唐辛子(好みで):適量

・小麦粉
・油

エネルギー1人分252キロカロリー

なすみそ餃子の作り方

1)なす3個(270グラム)は、へたを切り落とし、ガクの部分も包丁で取り除きます。
縦半分に切ってさらに縦半分に切り、いちょう切りにします。
塩小さじ1を全体にまぶして10分おき、水でサッと洗い流します。
さらしなどに包んでしぼり、水気をしっかりきります。
2)ボウルに水気を絞ったなすを入れ、片栗粉小さじ2を加えてまぶし、しっかり混ぜます。
鶏ひき肉150グラムを加えて混ぜます。
長ねぎ10センチ(みじん切り)、しょうが1かけ(みじん切り)、青じそ10枚(ざく切り)を入れて混ざってきたら、酒大さじ1、みそ大さじ1½ 、ごま油小さじ2を入れてさらに混ぜます。
3)餃子の皮24枚に包みやすい分量の餃子のあんを乗せて包みます。
包んだら、小麦粉適量をひいたバットの並べましょう。
焼き上がりがパリッとなります。
4)油大さじ1をひいたフライパンで餃子を焼きます。
薄く焼き色がついたら、熱湯½ カップを回し入れ、すぐにフタをします。
水分がなくなり、餃子の皮が透けて中の具が見えるようになったら、香りづけのごま油小さじ1をフライパンのふちから回し入れます。
5)好みで酢・一味唐辛子などをつけていただきます。

まとめ

なすと香味野菜の入った餃子は、香ばしくて暑い日もたくさん食べられそうですね。
たくさんの香ばしい野菜と鶏のひき肉で作っているので、さっぱりした女性好みの味になりそうです。
味付けのみそや、香味野菜、香りづけのごま油など、食欲をそそるいいにおいが食卓にあふれそうですね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。