キューピー3分クッキングで焼きみそと夏野菜の冷や汁ごはんのレシピを紹介!

スポンサーリンク

2019年8月22日放送のキューピー3分クッキングで焼きみそと夏野菜の冷や汁ごはんについて紹介されました。
焼きみそと夏野菜の冷や汁ごはんを教えてくれたのは料理家のきじまりゅうた先生です。

焼きみそと夏野菜の冷や汁ごはんのレシピ

冷たい汁をかけてごはんを食べる料理は、日本各地にあり、夏によく食べられます。
今日は味噌を焼いて使う汁ごはんをご紹介します!
今回は、酸味のあるトマトを使いますが、生で食べられる夏野菜ならなんでも合いますよ^^
味噌を焼くときにフライ返しにアルミホイルを巻いて使いますが、必ず金属製のフライ返しを使ってくださいね!

焼きみそと夏野菜の冷や汁ごはんの材料:4人分

・ごはん:茶碗4杯分
・みそ:大さじ4
・すり白ごま:大さじ2
・ごま油:大さじ½
・冷水:3カップ
・青じそ:4枚
・きゅうり:1本(100グラム)
・トマト:2個(300グラム)
・削りがつお:5グラム
・氷:適量

エネルギー1人分291キロカロリー

焼きみそと夏野菜の冷や汁ごはんの作り方

1)トマト2個(300グラム)は、1センチぐらいの角切りにします。
2)きゅうり1本(100グラム)は、厚さ3ミリほどの輪切りにします。
3)青じそ4枚は、縦半分に切って、3ミリ幅の細切りにします。
4)金属製のフライ返しにアルミホイルを巻き付けます。
表面にツルツルの面が来るように巻いてください。
5)巻いたアルミホイルの上にみそ大さじ4を、厚さが均等になるように塗ります。
コンロで、直火の遠火になるように約3分、こんがりするまでみそをあぶります。
IHの場合は、アルミホイルにみそを均等に広げて、トースターやオーブンで香ばしく焼いてください。
みそは、表面にうっすらと焼き色がつき、みその色が濃くなるまでじっくり焼いてください。
6)焼いたみそが少し冷めたら、ボウルに入れます。
そこにすり白ごま大さじ2、ごま油大さじ½ を入れ、しっかりなじませます。
混ざってきたら冷水3カップを入れて、泡だて器で混ぜてみそを溶かします。
7)みそが溶けたら、青じそ、トマト、きゅうり、削りがつお5グラムを入れます。
ラップをして冷蔵庫で約30分冷やします。
8)冷蔵庫から出したら、氷適量を入れます。
9)ごはんを茶碗に盛り、冷や汁をかけます。

まとめ

あまり食欲がないときでも、冷や汁ごはんならすっと食べられそうです^^
トマトが入ると、色もきれいで味にも変化がでるのでいいですよね。
削りがつおが入るので、さかなのよい香りもプラスされて、ちょうどいいランチです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。