【サタデープラス】四季島2泊3日70万円!豪華寝台列車の旅を紹介

スポンサーリンク

2019年11月30日放送のサタデープラスで豪華寝台列車贅沢おとな旅について紹介されました。

豪華列車旅がブーム!

移動の手段だけというだけでなく、乗ることが旅の目的となる「観光列車」が大ブームです。
車内で本格的なコース料理がいただける西武鉄道の「52席の至福」や、車内でおでんを楽しめる豊橋鉄道の「おでんしゃ」など、全国で様々な観光列車が人気となっています。

中でも「クルーズトレイン」と呼ばれる、発着駅が同じで宿泊が目的の豪華な寝台列車は乗車して宿泊することが目的となる、さながら「走る高級ホテル」です。
中でも、JR東日本が誇る「トランスイート四季島2泊3日の旅」はすべてスイートルームの全17室、定員34人で最高級の部屋は2人1室利用すると1人70万円というお値段にもかかわらず、応募倍率は76倍という大人気で予約を取るのは困難な状況なのです。

四季島乗客専用改札ゲートが!

四季島が発着するJR上野駅には、なんと四季島専用の改札ゲートが!
混雑する改札口を通ることなく、専門の職員さんが扉を開けてホームまで案内してくれます。
ホームは「新たな旅立ちの13.5番線ホーム」と名付けられた四季島専用で、四季島の乗客氏が入ることができません。
13番線と14番線の間に四季島のために作られたホームで、四季島が入線するときだけ扉が開く特別なホームです。
さらに乗客が全員揃うまで列車は入線せず、四季島乗客専用ラウンジ「プロローグ四季島」で優雅に待ちます。
また、デラックススイート以上を利用の乗客は、専用ハイヤーで自宅から送迎してもらえるVIP待遇を味わえます。

入り口は一つのみ

近未来的なデザインの外観を持つ四季島の総工費はなんと約100億円!
10両編成の長い列車ですが、入り口はラウンジ「こもれび」の5号車にひとつだけ。
これはホテルのような特別なおもてなしのためだといいます。
ピアノの生演奏で出迎えられ、水蒸気で炎を表現した電気暖炉も備えられています。
また、バーカウンターにはクルーが24時間待機。
ソフトドリンクやカクテルなど、いつでも飲み放題です。

東日本を堪能するコース

「トランスイート四季島、冬の2泊3日コース」は、1日目午前10時に上野を出発、宮城の白石でこけし作りを体験し、松島はナイトクルージングを楽しみます。
2日目は青森で弘前公園や立佞武多の館を観光、夕方に折り返して岩手へ。
岩手の一関では酒蔵の地酒や地ビールを試飲できます。
3日目は宮城の鳴子温泉で源泉かけ流し温泉で温まりお寿司を堪能、16時50分に上野駅に戻ります。

豪華な客室

2泊3日で一人50万円のスイートルームは1両に3室のみ(2・3・4・8・9号車)。
室内は木目調の落ち着いたインテリアで、大きな窓とゆったりしたソファが。
夜はベッドに変わるソファですが、ソファベッドでもふかふかで寝心地ばつぐんです。
トイレ・シャワーも完備され、水圧も十分な強さです。
もちろんアメニティも充実しており、持ち帰りOKです。
一番高価な一人70万円の四季島スイートは7号車にあり、なんと部屋が2階建て構造になっています。
2階には掘りごたつがあり、下階はベッドルーム。
お風呂はなんとヒノキの浴槽が!
日本の列車でヒノキ風呂が備えられたのは、四季島が初めてです。
部屋にはタブレット端末があり、車内の設備やクルーの情報などが確認できます。

素晴らしい眺めの展望車

1号車の展望車は、世界的な車のデザイナーである奥山清行さんがデザイン。
全面に窓が設置され開放感があり、ソファに座って東北の雄大な景色を眺めることができます。
ビューポイントを通過するときは、車掌さんが車内放送で知らせてくれます。

東北の工芸品がふんだんに

車内はこだわりの東日本の工芸品で飾られています。
山形絨通の特注手織り絨毯や、秋田木工の曲木椅子やブナコのブナの木のダストボックスなど一流の調度品が取り揃えられ、さながら東日本の工芸品のショールームです。
なかでも、福島の入金真綿の約100万円の掛布団は軽くてあたたかく、乗客から絶賛されています。

ダイニング車で東北の味を

四季島の乗客には、乗車前に津軽塗の箱が届けられ、中にはネームタグ・日程表・ガイドブックなどが入っています。
その中には、夕食時の服装はセミフォーマルで、などの説明も記載されています。
おしゃれなシャンデリアが飾られたダイニング車では、フレンチフルコースのディナーが味わえます。
料理の総監修はミシュラン1つ星シェフの中村勝宏さん、それを総料理長の佐藤滋さんが列車で調理して、東北の旬の食材が使用された本格的な料理が提供されます。

トレインクルーは接客のプロばかり

料理人はもちろんプロですが、トレインクルーも接客のプロです。
四季島では1回の運行に9~10人のトレインクルーが乗車しお客さんへのサービス全般を担当しています。
きめ細かいサービスを提供できる秘密は、クルーの前職にあります。
元航空会社の客室乗務員や旅行会社の添乗員など、異業種で鍛えた接客のエキスパート揃い。
さらに四季島では、本番と全く同じ工程でツアーに不備がないかをチェックする2泊3日の訓練運行が年に数回行われています。

まとめ

最近、豪華な寝台列車が増えましたね^^
あんな旅は憧れます。
ぜひ一度乗ってみたいものですね!

☆船の旅もいいですよ!
【サタデープラス】沖縄&台湾4泊5日格安クルーズ旅!コスタネオロマンチカ号の旅を紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。