夏に気をつけたい虫刺され対策!蚊・毛虫・トコジラミ『虫と皮膚炎』著者に学ぶ!

スポンサーリンク

2019年8月10日放送の世界一受けたい授業で夏に気をつけたい虫刺され対策について紹介されました。
教えてくれたのは『虫と皮膚炎』著者である兵庫医科大学の夏秋優先生です。

夏に気をつけたい虫刺され対策とは?蚊・毛虫・トコジラミ、『虫と皮膚炎』著者に学ぶ!

虫よけのスプレーをかけた後、手で塗りのばしていますか?
蚊は塗りむらのある、薄い部分を狙って刺してきます。
数年前に日本で流行したデング熱は、蚊が媒体となり、高熱・頭痛・発疹などの症状が表れ、最悪の場合死に至ることもある病気です。
「たかが虫刺され」とあなどるのは、大変危険なのです。

夏に気をつけたい虫刺されについて教えてくれたのは、『虫と皮膚炎』著者である兵庫医科大学皮膚科准教授の夏秋優先生です。

夏に気をつけたい虫刺され

蚊に刺されるとかゆくなるのは、皮膚が異物を認識しアレルギー反応を起こすからです。
刺された後の症状に差が出るのは、刺された人の体質・年齢などの違いが原因です。
かゆみを止めるには、冷やすのが有効です。
冷やすと血管が収縮し、かゆみを感じる神経の伝達も鈍くなるからです。
血液型により刺されやすさに違いがあるという決めつけはよくありません。
しかし、汗かきの人やお酒を飲んだ後に刺されやすい傾向はあります。
蚊が汗のにおいや、アルコールを分解したときに出る二酸化炭素に反応するからです。
蚊ではありませんが、ウイルスを持つマダニに刺されると、『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』という、致死率約15%の危険な感染症にかかるおそれがあります。

毛虫

チャドクガの幼虫は30万本の毒針毛を持つ毛虫です。
毒の毛に触れると、1~2日後、激しいかゆみや赤い発疹などの症状が表れます。
チャドクガの幼虫は、公園や生垣に多いツバキやサザンカの葉を食べるため、年二回の発生時期は近づかないようにしましょう。
もしも、刺されてしまったらガムテープの粘着部分を皮膚にはりつけて、皮膚に乗っている毒針毛を取り除きます。
その後、石けんをつけてシャワーでよく洗えば、刺さっていない毒針毛は取り除くことができます。
コロコロなどを使うと、毒針毛が皮膚に突き刺さる可能性があるので、避けた方が無難です。

まとめ

自らの体を使い、虫刺されの研究を続けている夏秋優先生はすごい人ですね!
ダニに刺されて嬉しそうな顔にちょっとびっくり^^;
また、公園や道路の生け垣などでよく見かけるサザンカやツバキに、あんな怖い毛虫がいるなんて驚きです。
絶対近寄らないようにしよう…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。