【主治医が見つかる診療所】コレステロール改善、配合ダシの作り方!工藤先生が伝授

スポンサーリンク

2019年10月24日放送の主治医が見つかる診療所でコレステロール改善策として1日1回ダシを飲む!について紹介されました。
教えてくれたのは工藤内科副院長の工藤孝文先生です。

コレステロールを改善する方法とは?

ダイエット・コレステロール外来、漢方外来を開設し、多くの書籍も出版している工藤先生。
工藤先生は悪玉コレステロールを改善するには、味覚をかえればいいと言います。
現代人は外食などで濃い味つけに慣れてしまっているので、味覚を正常化することにより必然的にコレステロール値が下がってくるとのこと。
先生自身も簡単に味覚を正常化して、コレステロール値を下げたそうです。

1日1回ダシを飲む!

10年前の工藤先生は、178㎝92㎏で悪玉コレステロール(LDL)222mg/dL。
ファストフードやインスタント食品をドカ食いしていたそうです。
でも、1日1回ダシを飲んで味覚を改善し食生活を変えた結果、10ヶ月で92kgあった体重は25kgも減り、67㎏に!
悪玉コレステロール(LDL)も222mg/dLから118mg/dLへ、劇的に改善されました!(基準値:70~139mg/dL)
悪玉コレステロールが高い人は、味覚が鈍り高コレステロールの食事出ないと満足できなくなっているといいます。
うまみ成分の入ったダシを飲むと、味覚が改善され少ない食事でも満足できるようになります。
その結果、コレステロール値を下げることができるです。

コレステロールを改善する配合ダシの作り方

☆ダシの材料
・かつお節:30g
・煮干し:10g
・塩分の入っていない昆布:10g
・緑茶:5g
☆作り方
4種類の材料を混ぜるだけ!
1日1杯、好きな時にダシにお湯を注いで飲みましょう。
☆先生は材料も手作り!
中火にかけてフライパンでかつお節と煮干しをから炒りします。
きざみ昆布と緑茶を加えて、ミキサーにかけてパウダー状にして完成!
出来上がった配合ダシは、密閉容器に入れておけば冷蔵庫で約2週間保存できます。

工藤先生は、より効果の高いダシの配合を工夫し、コレステロール値の高い患者30名に飲んでもらったところ、2週間で悪玉コレステロールの平均値が152から109まで下がり、体重も平均5.3 kg減るという結果を得ました。

まとめ

ちょっとトロリとして、おいしそうなダシです^^
こんなおいしくて効果バツグンならやるしかないですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。