【主治医が見つかる診療所】内臓脂肪を減らすすだちのレシピを紹介!

スポンサーリンク

2019年9月19日放送の主治医が見つかる診療所で内臓脂肪を減らすすだちの食べ方について紹介されました。
教えてくれたのは徳島大学医学部医科栄養学科の酒井徹教授です。

内臓脂肪を減らすすだちの食べ方とは?

徳島県の名産品であるすだち。
最新研究で、すだちを食べると内臓脂肪を減らす効果が期待できると判明しました。
確かに、毎日すだちを食べている徳島の人たちは、みなさんスリムのような…
一体どんなふうに食べたら、内臓脂肪を減らすことができるのでしょうか。

徳島の食卓にはすだち酢が常備されている!

地元では、どの家庭にもすだち酢が常備されているといいます。
すだち酢と言っても、酢は入っておらずすだちの搾り汁100%で作る保存用果汁です。
またほとんどの家庭には、すだち専用の搾り器もあるそうです。
冷蔵庫で約1週間保存でき、醤油にちょい足しして減塩効果も期待できます。
通な人は、刺身をすだち酢だけで食べるそうです。

すだちの皮に効果がある!

すだちの皮には、内臓脂肪を減らして肥満を抑制する効果を期待できる成分が入っています。
スダチチンというポリフェノールで、すだちの皮にだけ含まれています。
内臓脂肪を減らすには、果肉よりも皮を食べることが重要なのです。
また、すだちの皮はレモンの皮と比べるとビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維が豊富で美肌効果も期待できます。
徳島の農家のみなさんは、飲み物に搾って入れるときでも半分に切り果肉を上にして皮からの搾り汁も入るようにして、しっかり摂取しています。

すだちの皮はおろして料理に混ぜる!

地元の女性は、すだちの皮をすりおろして、スダチチンたっぷりのすだちの皮おろしを料理に使います。

すだち味噌の作り方

1、鍋に味噌・砂糖・酒・みりんを入れて混ぜます。
2、加熱しながら、すりおろしたすだちの皮を入れて混ぜ合わせます。

すだちの皮おろしレシピ①すだち味噌の鶏焼き

1、鶏のむね肉に塩・こしょうをしてフライパンで焼きます。
2、焼いた鶏肉にすだち味噌をかけます。

すだちの皮おろしレシピ②すだち香るいりこ飯

1、瀬戸内地方の郷土料理、煮干し(いりこ)入りの炊き込みご飯『いりこ飯』にすりおろしたすだちの皮を混ぜ込みます。
2、すだちの果汁をかけて食べます。

すだちの皮おろしレシピ③すだちそうめん

1、そうめんをゆでて、すだちの輪切りと一緒に盛り付けます。
2、そうめんのつゆにすだちの皮のすりおろしを入れます。
3、そうめんとすだちの輪切りを一緒に、すだちの皮入りのつゆを付けて食べます。

とっておきすだちレシピ・すだちのおかか和え

1、すだちを輪切りにします。
2、すだちにおかか・醤油をかけて食べます。
皮がやわらかくてサラダ感覚でたべられます。

すだちの香りにも脂肪を減らす効果が!

地元の人は、料理に使って残った皮をお風呂にいれてすだち風呂を楽しむそうです。
徳島大学医学部薬理学分野の玉置俊晃先生のよると、すだちの香り成分であるリモネンが中性脂肪を減らすため、皮をお風呂に入れて香りをかぐのはかなり効果があるとのこと。

内科・漢方内科医 石原新菜先生が考えたすだちレシピ!すだちジンジャーティ

1、すだちの果汁を搾ります。
2、搾ったあとの皮を切って、甜菜糖と果汁を入れて煮込みます。
3、煮込んでジャム状になったすだちの皮をお湯を入れて溶きます。
4、しょうがのしぼり汁を入れます。
☆スダチチンが内臓脂肪を減らし、しょうがが代謝を上げるダブルの効果が期待できます!

まとめ

すだちはあまりなじみのない食べ物ですが、内臓脂肪を減らしてくれるなんて今すぐ食べたくなりました^^
どの料理もさわやかでさっぱりして、女性が好きそうなお料理ばかりでおいしそうです。
麦茶に入れるのはかなり衝撃でしたが、夏バテ防止にもよさそうですね。


☆関連記事☆

【ゲンキの時間】クエン酸食材、梅干し・すだちで夏バテ対策レシピを紹介!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。