主治医が見つかる主治医で認知症対策!親指タッピング・ピンピン刺激法!

スポンサーリンク

2019年8月8日放送の主治医が見つかる診療所で認知症対策について紹介されました。
教えてくれたのは土岐内科クリニック理事長の長谷川嘉哉先生です。

認知症対策のための2大新習慣について教えてくれたのは、土岐内科クリニック理事長の長谷川嘉哉先生です。

認知症対策のための2大新習慣

①親指を動かす

認知症は物忘れよりも前に、意欲が落ちてくる病気です。
リモコンのボタンを押したり、ペットボトルのフタを開けたり…と、意欲と伴う行動には必ず親指を使います。
指を意識的に動かすことによって、血流がよくなり脳が活性化されるのです。
中でも最も可動範囲が広い親指を積極的に動かすことは、脳を効率よく活性化でき、認知症の予防に効果的なのです。

認知症対策!親指を使うリズム脳トレのやり方

その1、親指タッピング

親指に腹で人差し指から小指まで、順番にタッチしていく指の運動です。
親指に意識を集中して、リズミカルに動かしましょう。
慣れてきたら、テンポをあげていきましょう。
指先がずれないように、しっかりとタッチするのがポイントです!
1回5往復を目安に行ってください。

その2、ピンピン刺激法

両手を一度グーにしてから、片方の手は親指、もう片方の手は小指をピンと伸ばします。
親指を小指を交互に伸ばす指体操です。
最初がゆっくりと10回、慣れてきたらこちらもテンポを上げてみましょう。
左右別々の動きをすることによって、脳の血流アップを期待できます。
正確に指を動かすのがポイントです!

脳外科 兵頭先生が教える1人じゃんけん

右手でグーチョキパーを繰り返します。
左手は、常に右手に負けるようにします。

認知症対策のための2大新習慣

②歯のケアをする

歯と歯茎の間に繁殖する歯垢により炎症をおこす歯周病。
その歯周病が認知症の大きな原因のひとつであるということがわかってきました。
また、歯周病で歯を失うと噛むことができなくなり、脳の血流も悪くなってしまいます。
歯の本数と認知症には、深い関係があるのです。
さらに、歯周病がある人は糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞などのリスクも高くなることもわかっています。

認知症対策!脳にいい歯みがき法

両手みがき

1、利き手ですべての歯をみがきます。
2、もう片方の手で、もう一度みがきます。
利き手ではない方の手を使うと、脳に適度な負荷がかかり、脳トレになるのです。
また、持ち手を変えることで異なる角度がついて、磨き残しが少なくなるメリットもあります。

舌を回す

口の中で歯茎をなぞるように、舌をグルグル回します。
右回り10回、左回り10回行いましょう。
舌を回すとたくさんの唾液が出ます。
唾液は口の中を洗浄し、歯を守ってくれる浄化液の役割をしてくれます。

まとめ

認知症の特効薬というものはないということは、やはり予防に力を入れるのが大事だということだと思います。
指先を動かすことが脳の血流をよくするならば、積極的に手を使うことをしようと思います。
でも、どの方法もなんだか難しそう…^^;
あと、歯周病が認知症のリスクを高めるなんて怖いです。
認知症だけでなく、糖尿病に脳梗塞、心筋梗塞…恐ろしい病気ばかり。
両手で交互に磨くというのは、手先も使うし、歯もきれいになるし、一石二鳥の方法ですね!
今夜から絶対やることにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。