【ソレダメ】スケート体操&温冷交代浴のやり方!免疫力アップ法を紹介

スポンサーリンク

2020年1月22日放送のソレダメ!で
免疫力アップ法について紹介されました。

教えてくれたのは日本免疫予防医学普及協会の飯沼一茂先生です。

免疫力とは?

冬に体調を崩すことがよくあるという人も多いはず。

そんな時に重要な役割を果たすのが免疫力です。

免疫力とは、わかりやすく言えば、
外から侵入した細菌やウイルスを撃退してくれる自己防衛システムのこと。

冬場に体調不良になりやすいのは、
この免疫力が低下しているからです。

どうすれば免疫力をアップできるか
専門家の飯沼先生に教えてもらいました。

免疫力アップには口と腸が重要

人間の体で、口は外界に最も接する粘膜であり、
細菌やウイルスの多くは口から侵入します。

なので、口に高い免疫力を備える必要があります。

また、腸には細菌やウイルスを撃退する
免疫細胞の約7割が集中しています。

その腸の免疫細胞は体中に運ばれるため、
腸は免疫力にとって重要な場所です。

免疫力にとって、口=門番、腸=最後の砦であり、
口と腸の環境を整えることが重要なのです。

早口言葉と駄菓子で口の免疫力アップ

NPO法人声とことばの力では、
認知症予防のために早口言葉の指導をしています。

しかし、認知症以外にも免疫力アップに効果的なのだそう。

早口言葉を言うことで、細菌やウイルスを撃退する
唾液をたくさん分泌することができるのです。

唾液には、細菌やウイルスと無力化するIgAという免疫物質が含まれています。

しかし、この時期は寝ている間に口の中が乾燥しがちです。

そんな時、早口言葉を言って唾液腺を刺激すると
大量の唾液が分泌されます。

するとIgAが増えて免疫力がアップするのです。

また、駄菓子屋でよく見かける都こんぶも
唾液を増やすのに効果的です。

梅干しの方が唾液がたくさん出るように思えますが、
酸味よりもうま味成分の方が唾液の分泌時間が長く、
唾液を多く出すことができます。

また、都こんぶは噛んで食べるので、
口がよく動くので唾液が増えやすいのです。

土壌菌で腸の免疫力アップ

毎日、裸足でどろんこになって
子供たちを遊ばせる幼稚園があります。

その子供たちは、めったに風邪をひかないのだとか。

長沼先生によれば、これは土の中の土壌菌を取り入れ、
免疫力アップにつながっているからだそう。

腸の中の菌は、腸内でよい働きをする善玉菌と、
悪さをする悪玉菌、そして多い方に味方する日和見菌、
大きく3種類の菌に分かれています。

実は、その日和見菌のほとんどが土壌菌。

子供たちは日頃から土に触れていることで
舞い上がった土壌菌を体内に取り込んでいたのです。

土遊びをしなくても、大根やニンジンなどの根菜類を
皮ごと食べることで土壌菌を摂ることができます。

また、土壌菌は発酵食品にも含まれています。

チーズなどに含まれる乳酸菌やみそに含まれる麹菌、
納豆に含まれる納豆菌、これらはすべて土壌菌です。

発酵食品を食べて、腸を元気にすることで
免疫力をアップすることができます。

ホットヨガで免疫力アップ

40℃の室内で行うホットヨガ教室が流行しています。

ホットヨガを始めてからは、
冷えにくくなったり、風邪をひきにくくなったと語る生徒さん。

長沼先生は、免疫力アップには血流が大切だといいます。

体が冷えている人の体は、血管が細くなり血流が悪くなっていて、
免疫細胞の働きが低下しています。

これでは、細菌やウイルスが侵入しても撃退できません。

しかし、暖房などで体が温まると血管が拡がり血流がアップ、
免疫細胞の働きが活発になり、ウイルスの侵入に対応できます。

なかでもホットヨガは、体温上昇&関節部分のストレッチなどで、
血流アップに最も効果的です。

家庭でできる血流アップ術

温冷交代浴のやり方

熱いお湯とぬるま湯を交互に浴びる「温冷交代浴」は、
血流をよくするのに効果的です。

血管は温まると拡がり冷えると縮まります。

温冷交代浴で拡張と収縮をくり返すことで
血管がポンプの役目をして血流がアップします。

先生のおすすめは
①40℃のお湯に2~3分浸かる
②30℃のぬるま湯のシャワーを1分浴びる
☆これを3回くりかえします。

スケート体操のやり方

スケート体操を教えてくれるのは、
血管に関する本の著者である加藤雅俊さんです。

①足を肩幅の3倍くらいに広げて立ちます。
つま先は外側に向けましょう。
②体をひねり、左手で右足首にタッチします。
右足はなるべく曲げるのがポイントです。
右手は上に高く上げましょう。
③上体をもとに戻して、今度は右手で左足首にタッチします。
☆左右交互に10回で1セット、1日に3セット行います。

太ももの大きな筋肉を曲げ伸ばしすることで
血流がアップし、免疫力アップにつながります!

まとめ

冬は体が冷えて肩が凝ったり風邪をひく理由がよくわかりました。
やっぱり血行が悪いのはよくないんですねえ。
ホットヨガは効果的なんですね。
美容にもよさそうだけど、冬でも40℃は厳しいなあ^^;

☆こんな免疫力アップ法も!
【ゲンキの時間】ギュッパー体操のやり方!免疫力アップの方法を紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。