【スッキリ】バインミーの名店!ベトナムのサンドイッチを愛好家が紹介

スポンサーリンク

2019年10月18日放送のスッキリでバインミーについて紹介されました。
教えてくれたのはバインミー愛好家の足立由美子先生です。

バインミーとは?

バインミーとは、ベトナムで食べられているのサンドイッチのこと。
サンドイッチというと、食パンに具材を挟んだものを思い浮かべるかもしれませんが、バインミーはバゲットを丸ごと使ったサンドイッチです。
バインミーの本まで出しているバインミー愛好家の足立由美子先生が、知っておきたい名店を教えてくれました。

バインミーの名店

バインミー☆サンドイッチ

高田馬場にある「バインミー☆サンドイッチ」は、バインミーが注目を集める前から営業しているお店で、バインミー人気の火付け役ともいわれています。
このお店は、ベトナムらしいシンプルでスタンダードな味を追求しているそうです。
その味を求めて、連日行列ができるほどの人気店です。
一番人気のバインミー「サイゴンハム&豚パテ」630円(税抜)は、究極のスタンダードと言われています。
コクのあるレバーペーストと3種類の自家製ハムとチャーシュー、さらに野菜をトッピングし、仕上げにしょうゆベースの特製ソースをかけて作られています。
普通のバゲットより長く発酵させて、柔らかい食感に仕上げた特別なバゲットを使っています。
濃厚な味を想像しますが意外とあっさりしていて、ペロリと食べられるそうです。

シクロバインミー

「シクロバインミー」は、エビスフードホール内にあるバインミー専門店です。
このお店の人気商品は、具材がはみ出る程ボリューミーなバインミーです。
一つのバゲットにエビ、豚肉、鶏肉の3種類を詰め込んだ欲張りな一品。
皮ごと食べられるソフトシェルシュリンプ、タイの甘酸っぱいタマリンドソース、スイートチリマヨネーズなどを使って、日本人のためにアレンジされたバインミーです。
鶏肉はレモングラスと煮てさっぱりと仕上げ、刻んだレモングラスをトッピングにも使って後味をさっぱりとさせる工夫がされています。

スタンドバインミー

学芸駅近くにあるベトナム料理店「スタンドバインミー」
このお店の、ボリュームたっぷりのお肉や香草をサンドしたバインミーにハマる人が続出しているそう。
なんとフランス料理の定番、牛ほほ肉の赤ワイン煮込みをサンドしている「牛ほほ肉バインミー」880円(税抜)は、ベトナム料理の枠を超えた、自由でぜいたくなバインミー。
ほほ肉の煮込みには、あっさりテイストのワインを使ったり、隠し味に魚醤を使ってエスニックさをアップさせるなど、様々な工夫がされています。
また、挟む場所によってハーブの分量をかえて、食べ進むたびに風味が変わるのも魅力です。
フランス料理とベトナム料理が見事に融合しているバインミーが味わえます。

まとめ

アジアの料理は日本人の口にもよく合うから魅力的ですね。
中でも、ベトナム料理はあっさりヘルシーで、女性にとてもいいと思います^^
バインミーは、普通のバゲットではなく、柔らかい特製パンを使っているんですね。
すごく大きく感じますが、ペロリと食べちゃうというのもうなづけます。
パンも肉も野菜も摂れる、よくばりなサンドイッチですね。

☆こんなサンドウィッチもどうぞ!
【世界一受けたい授業】絶品サンドウィッチレシピ!アイスサンドウィッチ&さばの塩焼きサンドウィッチ
世界一受けたい授業でエッグベネディクト風サンドウィッチときんぴらごぼうサンドウィッチレシピを紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。