【たけしの家庭の医学】30秒おへそ引っ込め体操でいつの間にか骨折対策!

スポンサーリンク

2019年8月6日放送のたけしの家庭の医学でいつの間にか骨折対策としておへそ引っ込め体操について紹介されました。
教えてくれたのは信州大学医学部附属病院 整形外科講師の中村幸男先生先生です。

いつの間にか骨折とは?

気づかないうちに背骨が折れている状態のことを言います。
これに気づかず放置すると、骨折の連鎖『ドミノ骨折』を起こす怖れがあります。
ドミノ骨折を起こすと、心臓や肺が圧迫され、心不全などの発症リスクが高まります。

いつの間にか骨折について教えてくれたのは、信州大学医学部附属病院 整形外科講師の中村幸男先生です。

いつの間にか骨折のチェック法

1、手鏡で最高の笑顔を見ます。歯茎が下がり、歯の根元が露出していたらいつの間にか骨折のリスクが高まっています。
2、20代の頃の身長と比べて…
2~3センチ縮んでいたら、要注意です。
4センチ以上縮んでいたら、いつの間にか骨折の可能性が高いです。

1回30秒で背骨若返り!おへそ引っ込め体操のやり方

1、足を肩幅に開いて立ち、背筋を伸ばします。
2、おへそを背骨にくっつけるイメージで、お腹をぐっと引っ込めます。
おへそ周りの筋肉を意識するのがポイントです。
30秒で1セット、1日5セット行いましょう。
1日の合計が5セットになれば、いつ何回行ってもOKです。
(注意点)息を止めると血圧が上がるため、必ず呼吸をしながら行ってください。

まとめ

身長が4センチも低くなるなんてあり得ないと思ったけれど、うちの母もそういえばずいぶん背が低くなったと思います。
年のせいかと思っていましたが、いつの間にか骨折の危険性があるかもしれないと思うと心配です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。