たけしの家庭の医学でとろろ昆布6グラムで高血圧改善法を紹介!

スポンサーリンク

2019年8月13日放送のたけしの家庭の医学でつまずき・転倒対策として高血圧改善法について紹介されました。教えてくれたのは板橋中央総合病院内科統括部長の塚本雄介先生です。

腎臓機能が低下すると、鍛えても筋肉が衰えていく症状とは?

東京都内だけで、15分に2人の人がつまずきなどで転倒し、救急搬送されているといいます。
ウォーキングなどで足腰を鍛えている高齢者は年々増加していますが、つまずきや転倒も増える一方なのです。

つまずき・転倒を防ぐ最新法について教えてくれたのは、板橋中央総合病院内科統括部長の塚本雄介先生です。

腎臓機能低下で筋肉が衰えてしまう原因

腎臓の機能が衰え、低下しているのが原因と考えられます。
筋肉細胞の栄養分を作っているのは腎臓が分泌するホルモンです。
そのため、腎臓の機能が低下すると、ホルモンの分泌が少なくなり、筋肉の細胞が栄養不足になるのです。
その結果、いくら運動をしても筋肉は衰えていくという事態に陥ってしまうのです。
腎臓の機能を低下させる原因として、高血圧が考えられます。
腎臓は体内でも特に細い毛細血管の集まりです。
腎臓には「糸球体」というろ過装置があり、血液から老廃物をこしだして尿を作ります。
腎臓の毛細血管には絶えず大量の血液が流れ込み、大きな負荷がかかっています。
高血圧になると、毛細血管はその圧力に耐えきれなくなり、ろ過装置が次々と破壊されてしまうのです。
そのため、腎機能が低下し、筋肉の衰えが進んでしまい、つまずきや転倒のリスクが高くなるのです。

腎臓機能低下のチェック法

1、最近、買い物に行くだけでも疲れてしまう。倦怠感がある。
2、夕方などに靴がきつくなり、履きづらいと感じる時がある。むくみがある。
3、階段を上がっただけでも、息切れや動悸がすることが増えた。
4、以前に比べて、肌が乾燥してかゆみがある。
5、夜間に何度もトイレに行く「夜間頻尿」である。

腎臓機能低下で筋肉が衰えているかどうかのチェック法

立ち上がりテスト

40センチほどの椅子から片足で立ちあがり、3秒できるかどうかをみます。
うまく立ち上がれなかったり、バランスを崩したりする場合、足腰の筋力が衰え始めている可能性があります。

腎臓機能低下に効く!とろろ昆布で高血圧改善法

普段の食事にとろろ昆布6グラム以上を加える

とろろ昆布には、塩分を排せつすつカリウムを多く含んでいます。
カリウムは緑黄色野菜や海藻に多く含まれるミネラルの一種です。
6グラムのとろろ昆布を食べると、日本女性に不足している一日のカリウム平均摂取量をクリアできます。
6グラムで不足分のカリウムが補え、余分な塩分を排せつできるのです。

まとめ

腎臓機能の低下と、筋肉の衰えが関係しているなんて驚きです!
筋肉の衰えチェックに当てはまることばかりで、ショックを受けました^^;
でも、少量のとろろ昆布を食べることで改善できると知り、ぜひ取り入れなければ!と思っています。
とろろ昆布はおいしくて体にもいいし、明日から決行です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。